2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【組分けテスト】4年生 第4回

【組分けテスト】4年生 第4回

四谷大塚週テスト組分けテスト

第4回組分けテストの結果


一言でいうと撃沈しました。またもやBコース落ちです。とはいえ、夏期講習には通わないし講習判定テストはBCコース共通なので、実質的には組分けテストとしての意味合いはあまりないのが救いでしょうか。

スポンサーリンク



今回は、ちょっと落ち込みます。というのは、前回、国語と算数のできが良かったので(当社比)、今回は社会と理科も頑張ったつもりだったのですが、結果があまりついては来なかったからです。そして、国語と算数は下がってしまいました。

全般的に平均的な成績でした


偏差値でいうと
国語≒理科=2教科≒3教科≒4教科≒算数>社会>50

全教科がザ平均な感じです。全体的な取り組みでいうと、社会と理科は演習問題集まで(前回は穴埋めまで)取り組んだのですが、結果は前回と大して変わらず、中途半端な取り組みではだめということなのかもしれません。理社を頑張るならもっと繰り返し取り組んで定着をはかるか、さっとやるだけなら、前回の穴埋めのみしっかりでも平均くらいはいく、という感じなのかも、と。

テスト結果を通じて勉強法を改善すると考えたらよいとは思うのですが、頑張らせて成果が出なかったのが、ちょっと息子に申し訳なかったです(泣)

とはいえ、今回ちょっと気になるのは、やはり算数のできですかね。正答率50~60%の計算問題などをバラバラ落としていました。組分けの正答率ですので、本来落としてはならないところのはずですし、さすがに本人もまずいと思ったみたいです。取り組み方の反省点ですが、やはり組分け回(総合回)にももっと算数優先で取り組ませれば良かったのかな、というのが正直なところ。社会とか理科の演習問題をまとめてやるのはしんどいので、毎日少しずつ取り組ませた反面、算数の総合回の演習がテスト直前にまでずれ込みました。最終的には、基本問題と演習問題には取り組んだという意味で、前回と取組内容は同じはずですが、集中力だとか、テスト直前のメンタリティだとかが、イマイチだったのも敗因だと思っています。

9月にある上期全範囲の組分けテストでリベンジできるように、夏期講習のテキストを使ってしっかり取り組んでいきたいと思います。今度は、また算数優先でやってみたいと思います。夏休みの取り組みは、改めてまとめます。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


理社は先取りをオススメ
初めまして。別の方のサイトから飛んで参りました。
地方の中学受験組なので、関東のほうとはかなり事情が違うとは思いますが・・・
思ったことを少々書かせてくださいm(_ _)m

うちは5年からスタートで、超難関を狙えるようなお子様とは大違いなので、アドバイスするのはおこがましいのですけれどもf^_^;)

優秀なお子様だからこそ、理社は5年から先を先取りなさっては、と思います。
うちの方の四谷大塚系の塾では四年は二教科か四教科か選べたりするのですが、算国に絞ってレベルアップで行った方が将来的に有利に思います。

理科社会は入試に出るの5年以降の範囲だし、算数と違って、あまり積み上げは関係ないですし。
5年から始めた我が家、理社の四年やってないことは、なーーんにも影響ないです。小学校でもやる範囲ですし。

5年からは地理も歴史も理科も細かいところまで、深くやるので、5年以降を時間をかけて何回もやって覚える方が、何倍も受験には有効かなーと思います。
そして四年生が理解出来ない内容な訳でもないですし。

四谷大塚のいいところはネットで教材を買えるので、先取りしやすいのがいいと思います。
うちは長期休みに算数はかなり先取りして、普段を自分でやる定着時間に時間をさけるような戦略をとっています。普段の通塾期はどうしても塾の予習と宿題に時間が取られがちになるので・・・

お子さんのレベルに合わせて、塾は上手に利用したらいいと思います。賢いお子様には先取りは向いていると思いますヨ。
目先のテストに振り回されるより、受験のゴールに向け、3年間を計画的に構成するのがいいかなと思っています。
[ 2017/09/30 07:00 ] [ 編集 ]
Re: 理社は先取りをオススメ
5年女子の母さま

コメントありがとうございます。同じ教材に取り組んでいらっしゃる先輩のコメントがいただけて嬉しいです。


> うちの方の四谷大塚系の塾では四年は二教科か四教科か選べたりするのですが、算国に絞ってレベルアップで行った方が将来的に有利に思います。

本当にそうですよね。実際、進学くらぶでも二教科受験の方もいらっしゃるようで(地方の方が多いのかもしれませんが、詳細は分かりません)、我が家でもちょっぴり検討してみたことがあります。でも、二教科だとAとBしかコースがなくて、Cコース(行けてないのは置いといて 笑)をめざそうと思うと、四教科になっちゃうのです。

親の腹がくくれて、テストは二教科で進むぞ、Bコースで大丈夫! 難しい問題は問題集で・・・四年生のうちは(ビシッ)となれれば、実は結構いい作戦なのかも、と思ったこともあります。その意味で、5年女子の母さまのご意見はとても納得できます。今、姑息にめざしているのは、理社は平均点くらいをとれる最低限の時間(週の間は30分ずつ、と復習回で1時間~1時間半)であとは、算国フォーカスでどうかな、といったところです。理社が捨てきれない母です。

> 四谷大塚のいいところはネットで教材を買えるので、先取りしやすいのがいいと思います。
> うちは長期休みに算数はかなり先取りして、普段を自分でやる定着時間に時間をさけるような戦略をとっています。普段の通塾期はどうしても塾の予習と宿題に時間が取られがちになるので・・・

素晴らしいですね~ 実は、この4年生の夏休み、これやってみたかったのですが、家族旅行に時間取られて挫折してしまいました。でも、講習教材で先取りした部分(算数だけですが)の取り組みの楽さを、この数回の週テストで感じて、やはり先取りはいいなぁと実感したところです。でも、5年生部分の算数が先取りできるかは、ちょっと自信ないですが…ところで、どうせ理社取り組むのなら、いっそ5年生の内容でというのも、ありかもですね。思いつきませんでした。

> 目先のテストに振り回されるより、受験のゴールに向け、3年間を計画的に構成するのがいいかなと思っています。

これ、ホントにおっしゃる通りです。ゴールは6年生の2月ですものね。日々の取り組みを振り返る良い機会になりました。ご意見ありがとうございます。また、あそこ(ですよね?)でお会いしましょう。よろしければ、こちらもまた時々覗いてみてくださいませ。
[ 2017/10/02 18:23 ] [ 編集 ]
地理
こんにちは。あそこです(たぶん)^^

理社の先取りの件ですが
私も5年女子の母さんの意見に賛成です。
うちのような、目の前の課題にアップアップな子だと先取りは反対ですが
賢いお子さんなら、どんどんやっておくと、5年が楽になると思いました。

というのも、5年社会の最初半年(上)は、スパイラルの一環のようで、ほぼ4年の範囲の総さらいだったからです。
4年で習った各地方の特色を、産業や経済などの縦割りで深く掘り下げていくというか・・・うちのように暗記が苦手で理詰めで説くタイプは、むしろ5年の範囲を見ておいてから4年の問題を解けばよかったなぁ、としみじみ思ったものです。
(そんな程度の成績で先取りとか!身の程知らずめ!!…と言われるのが怖くて、自分のブログでは黙ってました^^実際うちの子は不器用なので、とても先取りなんてできなかったと思います)

社会の地理なら、新たな範囲を勉強することなく、今の勉強を補完する形で先取りできるので、効率的かなと思いました。
歴史は、ご本人が好きな分野なら先取りしても構いませんが、地理とはかなりエネルギーの使いどころが違ってきますので
理科の新範囲と同じく、長期休みに取り組まれた方が、負担が少ないと思います。
理科は、星や植物のところが一部4年の範囲と重なっていて、そこは先取りしても負担なさそうですが
水溶液の濃度については比の概念を習っておかないと難しい(希釈する溶液の重量を求める問題など)かなと思いました。比は、たしか5年で習いますよね。

お子さんは、他にも習い事をしていますし、お母さまも仕事も家事も大変だと思いますので
新しい学習範囲については、長期休みにじっくり取り組まれるほうが負担が少ないと思います。
でも社会の地理は、ほんと同じようなことを繰り返しやるだけですので
逆にどんどん先取り(先取り、になってない気がしますが)普段の学習で取り入れられてはいかがでしょうか。
私の実感としては、テキストを購入すると来年になったときにダブってしまうので
週例テスト集を購入するとお得だと思いました。
テストは、覚えておきたい重要キーワードがぎゅっと詰まっていますし、クラス別に問題が載っていますし、来年になってもダブらないからです。

ではでは^^
[ 2017/10/03 04:56 ] [ 編集 ]
Re: 地理
鳩子さん、ようこそ!

> こんにちは。あそこです(たぶん)^^

うわぁ、すみません、あそこ呼ばわりして。はっきり書かない方がいいかしら
なんて思ったのですが、なんだか失礼極まりない言い方になってしまいました
( ;∀;)」

> というのも、5年社会の最初半年(上)は、スパイラルの一環のようで、ほぼ4年の範囲の総さらいだったからです。
> 4年で習った各地方の特色を、産業や経済などの縦割りで深く掘り下げていくというか・・・うちのように暗記が苦手で理詰めで説くタイプは、むしろ5年の範囲を見ておいてから4年の問題を解けばよかったなぁ、としみじみ思ったものです。
> (そんな程度の成績で先取りとか!身の程知らずめ!!…と言われるのが怖くて、自分のブログでは黙ってました^^実際うちの子は不器用なので、とても先取りなんてできなかったと思います)

なるほどなるほどです。まずは都道府県名と県庁所在地名と山や川、みたいな感じを4年生で薄くやって、5年生で深めていく
カリキュラムみたいですね。それはそれでリーズナブルな気もしていましたが、一方、なんだか無味乾燥でつまんないのも確か。
いかにも暗記って感じで。

> 社会の地理なら、新たな範囲を勉強することなく、今の勉強を補完する形で先取りできるので、効率的かなと思いました。

仰る通り、意味記憶の方が楽だし楽しいですよね。先取りだとか、量が増えたとか思わせずに、楽しく読める教材ないかなぁ~
ドラえもんの地理を昔、買ったのですが、あれも覚えるべき事項がドラえもんになってるだけで、ウケませんでした。
週テスト問題集、実は、うちは1冊も持っていないのですが(やる時間なくて 泣)それも一案ですね。

今もいっぱいいっぱいですが、5年生に比べたら余裕があるはずなので、先取りちょっと考えてみたいと思います。ちなみに
息子を優秀と書いていただき、ありがたい限りですが、御三家はめざしているだけのCコースに挑むBコース生なので、
暖かく見守ってくださいませ。
[ 2017/10/04 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する