2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 英語の学習(幼児期から小学生)

【親子英語の軌跡】 (10)映像教材と子ども向け英語番組の利用

英語テレビ映像教材

映像を活用した語学習得


実写であれアニメであれ、語学を習得するにあたって映像(教材)が有用であろうことは、多くの方にとって疑いのないところだと思います。私自身は映画鑑賞が趣味だったこともあり、アメリカ留学以前に英語の学習をする際には、(昔だったので)レンタルビデオの洋画の字幕を隠して繰り返し見たりしたことを思いだします。しかしながら、子ども、特に幼児の英語習得に映像を活用するということになると、そもそも小さい子どもへのテレビ・ビデオの悪影響などが気になる方も多いと思います。かくいう私自身もそうでした。

全文表示して続きを読む



【親子英語の軌跡】 (9)読み聞かせも絵本から物語へ

Nate the Great Magic Tree House 英語絵本読み聞かせ

英語における多読理論を知る


英語絵本で始めた息子との親子英語でしたが、最初に導入したセット絵本のCTPやORTも読めるようになると、いよいよ色々な本にもチャレンジすることができるようになります。

全文表示して続きを読む



【親子英語の軌跡】 (8)読めるようになったのでワークブックを導入

英語ワークブック英語ドリル

英語の幼児向けワークブック


年長さんの頃に、息子は簡単な絵本を読みだしました。始める前は、幼児にワークブックというと何だかお勉強チックで抵抗があったのですが、実際には、当時Z会幼児コースに楽しく取り組んでいたので、その延長線くらいの感覚で英語のワークブックを導入することにしました。

全文表示して続きを読む



【親子英語の軌跡】 (7)ついに英語絵本を読みだした

英語読書自力読み

息子が英語の絵本を読みだした


過去2回に渡って、息子が英語を読めるようになる下地になったと思われる、暗唱(うそっこ読み)フォニックスについて書いてきました。今回は、いよいよ息子が本を読みだしてからのことについてまとめたいと思います。

全文表示して続きを読む



イングリッシュアドベンチャーの英語キャンプ

イングリッシュアドベンチャーキャンプ

夏休みの英語キャンプ


2歳から細々と続けてきている我が家の英語教育ですが、小学1年生からは、毎年、English Adventure(イングリッシュアドベンチャー)さんの夏休み英語キャンプに参加させています。(写真はサイトからお借りしました)

全文表示して続きを読む



スポンサーリンク