2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 英語の学習 > 【親子英語の軌跡】 (0)1歳半~小学1年生頃までの親子英語の取り組みをまとめてみたいと思います

【親子英語の軌跡】 (0)1歳半~小学1年生頃までの親子英語の取り組みをまとめてみたいと思います

46c7eaeedbb5f457acdb8e5875454062_s.jpg

受験よりもおつきあいの長い英語学習のこと


このブログは、息子の中学受験(予定)にむけての備忘録の意味合いが強いのですが、日々の学習記録とあわせて、英語学習についても綴っています。ブログなので、基本的に現在進行形の内容について書いているのですが、ここで、幼児の頃の英語学習の様子についても忘れないうちにまとめておきたいなあと思い始めました。その当時からブログに記録しておいたら良かったのですが(>_<) 記憶と若干残っているメモをもとに、できるだけ時系列で書いていくつもりです。

スポンサーリンク



親子英語なので、別ブログにしようかとも思いましたが、過去の内容に改めてブログ形式もなんだし、そもそも複数ブログの管理も面倒なので、一セクションとしてまとめていきます。中学受験生にはかかわりのないテーマですみません。下のお子さんに英語教育を考えていらっしゃる方には、一例として参考にしていただけるかもしれません。また、教材については、個人的な意見にはなりますが、小学生以上の英語学習に使うとしたらこうかなという観点でも記していきたいと思います。

今後は、以下のような章建てでまとめていくつもりです。この記事には内容がなくてごめんなさい(>_<)。そのかわりといってはなんですが、ここが気になるというポイントがありましたら、コメント欄でお知らせいただければ、分かる範囲で詳しく書きたいと思います。(あくまで息子と私の歩みなので、可能な範囲でになること、お許しください) 



親子英語の軌跡 目次(仮)


  (1)息子が1歳半から親子英語を始める
  (2)CTP絵本が我が家のおうち英語のスタート
  (3)2歳から英語プリスクールのサタデーコースへ
  (4)音声付き英語絵本によるかけ流しを継続
  (5)お気に入りの絵本を突然暗唱しはじめた
  (6)外国語を学ぶ上でのフォニックスの取り組み
  (7)ついに英語絵本を読み出した
  (8)読めるようになったのでワークブックを導入
  (9)読み聞かせも絵本から物語へ
  (10)映像教材と子ども向け英語番組の利用
  (11)英語絵本を使って筆写に取り組む
  (12)ライティングの強化に悩む
  (13)かの有名なディズニーの英語システムのことなど
  (14)意外と重要!? 親と子のモチベーション
  (15)5年間の取り組みのまとめ 到達点と課題

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/06/23 18:00 ] 英語の学習 | TB(-) | CM(2)
こんにちは♪
studyjournal2020さん、こんにちは!

幼児期の英語での取り組み、まとめられるんですね!

ブログの管理についても共感します。
私も、英語をテーマにしたブログですが、家庭学習のことを書きたかったりするので、もう一つブログを作ろうかとも悩むんですが、2つのブログを管理するのも面倒だなと感じたり。。。

きっと、ブログ村の親子英語にも登録されたらきっと喜ぶ方が沢山いらっしゃると思います。

私も長女のときの様子を0才~3歳終わりまでまとめたんですが、4歳からの出来事を思い出すのとまとめるのに、やる気が出ず、今ストップしています(汗)。

また頑張って書こうかしら。。。

こういった家庭での取り組みは、親御さんやお子さんの性格によっても変わると思うのでとても興味深いです!

現在小学校2年生の長女はWritingはほとんど手付かずで、どうしようかなぁと思っているところなので、特に、筆写やライティングの取り組みの章がとっても楽しみです♪

家庭学習の紹介とともに英語の取り組み紹介も楽しみにしていますね。
[ 2016/06/23 18:40 ] [ 編集 ]
Re: チャンディさんへ
こんにちは~

リクエストありがとうございます。ライティングは悩みますよね。受験ブログ見ていても作文って、結構みなさん悩んでいて通信なんかもあるみたいだし。まして母国語でない英語のライティングってどうすんだ??? みたいな(笑)うちも試行錯誤中ですが、いろいろ調べたこととか、やってみたこととか書いてみます。

ご要望にお応えできるか、甚だ不安ではありますが、おっしゃるとおり英語のとりくみは、子どもの個性と親の個性とおかれた状況などによって、正解は人それぞれのところがあるので、うちの例ってことで、少しでも参考になれば幸いです。私も、先人者のブログたくさん見て、真似できることもできないことも(もっというと真似したいこともしたくないことも)ありましたが、結局そのどちらも参考になったので。

中学受験と英語の両立も悩ましいですよ。少なくとも、息子の中学受験時には英語は全く役立たないので。もともとそんなんで始めたわけではないのですが、首都圏の中学受験がここまで大変だとは思わなかったので、今、そこらへんも悩みどころです。こちらは現在進行形の方で。
[ 2016/06/23 19:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する