2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 家庭学習教材と我が家での使用法 > 陰山メソッド 「徹底反復 漢字プリント」

陰山メソッド 「徹底反復 漢字プリント」

漢字ドリル定番陰山

陰山メソッド「徹底反復 漢字プリント」


評判に押されて導入した漢字教材陰山メソッド「徹底反復 漢字プリント」小学校1~6年 (コミュニケーションMOOK)ですが、予想以上に好調な滑り出しとなりました。

スポンサーリンク



まだ、読みしかやっていないのですが、第一に息子はこの取り組みが好きなようです。考えられる理由としては、これは私と一緒の取り組みになるので、(少なくとも)最初は一人で取り組む他のドリルに比べて楽しい。(まだまだお子ちゃまです。)それと書く面倒臭さに比べて、読むだけというのは、断然楽なのでしょう。

それと、もう一つには例文が適度に楽しい。例えば、父の親友は頭の毛が少ない、とかクスッと笑える感じ。行き過ぎて、問題になった某大学受験予備校講師作のセクハラ例文(彼女のエキスを何とかしたとか)になってはいけませんが、程良く笑える例文がところどころあります。

今後の使い方


3年生の全漢字の読みについて例文が読めるようになったので、下村ドリルに戻りました。つまり、陰山漢字プリントの我が家での使い方としては、以前にまとめたように、漢字の先取りにあたって、一番最初の読みの習得(=1冊目)に活用しています。

このあと2冊目として下村ドリルで3年生の漢字をひとさらいしたら、また陰山ドリルに戻って4年生の漢字の読み(4年生1冊目)に進みたいと思います。そしてそのあとは、下村ドリルで4年生の漢字(4年生2冊目)をしっかり練習する。5年生、6年生の漢字についても同様に、陰山ドリルで読みの習得(1冊目)、下村ドリルで書きの練習(2冊目)、が基本です。

これとは別に、今年の漢字検定のスケジュールに合わせて、3冊目を投入します。8級(3年生相当)については、10月受験を目指して、購入済のリラックマのドリル3年生で直前再確認(3年生3冊目)をする予定です。できれば、来年1月の受験で7級(4年生相当)まで行きたかったのですが、どうでしょうか? 4年生相当の漢検直前確認ドリル(4年生3冊目)はまだ購入していません。これまでに買ったものにするか、違うのを試してみるか迷っています。

陰山ドリルのさらなる活用


一旦、漢字検定5級(6年生相当)までたどりついたところで、陰山ドリルの方は反復練習と熟語の定着に使いたいと思っています。熟語の豊富さもこのドリルの魅力なので。とはいえ、まだしばらく先になりそうです・・・

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する