2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 新4年生進学くらぶ日々の取り組み計画(2017年2月~)

新4年生進学くらぶ日々の取り組み計画(2017年2月~)

予習シリーズ計画3年2月

基本は予習シリーズ


我が家では、新4年生での通塾開始はとりあえず見送り、四谷大塚の進学くらぶをペースメーカーに家庭学習を進めていくことにしました。この2月からプログラムが始まりますが、教材への取り組み方について、予定を立ててみました。かなりの暫定版です(笑)。

スポンサーリンク



進学くらぶは、ビデオ教材の「予習ナビ」といわゆる「週テスト」がメインの取り組みで、両者ともに行うフルバージョンと、どちらかのみ進めるバージョン2つの計3通りから選択できます。我が家は、週テストのみ受講するバージョンで進めることにしました。

基本的には自学自習派の私ではありますが、中学受験の特殊性から塾通い自体はある程度やむなし、という結論には至っております。それでも、4年生の内容は5年生以降でも繰り返される内容であること、またジュニア予習シリーズも、ママ塾とはいいながら、実際に講義をするわけではなく、イメージ的には自習室にいて質問に答える先生的な感じで進めてきているので、その形でもう少し進めていこう、と思ったわけです。

3年生時にリトルくらぶを受講していたこともあり、一応、予習ナビの体験及び検討はしています。ただ、家庭学習に使える時間がせいぜい週に8~10時間程度であることも考えると、当面は日々の学習は自力で進めて、(リトルくらぶの)月末の添削が、これからは毎週末のテストになるという感じの、進学くらぶ週テストコースが我が家にはあっていそうだという結論になりました。これは、大昔の四谷大塚日曜テスト会のイメージに近いこともあって、主人もすんなり賛成してくれました。

実は、(特に4年生時には)進学くらぶに入会せずに予習シリーズのみ自習して、5週に1回ある組分けテスト(外部受験可)のみ受けるという方法を取っている方も意外といらっしゃるようで、少し迷いました。やはり毎週のテストって、これまでの月に一度の添削と比べて格段に負担を感じるのは事実ですから。一方で、やはりペースメーカーなしできちっと進めていくというのは、親の高い管理能力と子どもの強い意志が必要に思われたので、このオプションはあきらめました。

週テストに向けての学習内容


みなさまのブログや掲示板など、相当に読み漁り、また我が家で家庭学習に使えそうな時間なども鑑みた結果、まずは以下の暫定プランで進めていきたいと思っています。

■算数■ 4時間/週
予習シリーズ本体 例題を理解する → 練習問題 → 応用演習問題A (応用演習問題Bにも行きたいけど多分無理)
計算と一行問題集

予習シリーズ本体+応用演習問題集は、2日に分けて 1.5時間X2 ⇒ 合計で3時間/週
計算と一行問題集は、基本的に毎日1ページ、日曜日に2ページ ⇒ 合計で1時間/週

■国語■ 2時間/週
予習シリーズ 本体
漢字は予習シリーズ当該回の分の漢字だけ すぐるゼミプリントでおさらい
下村ドリルや陰山ドリルにて少しずつ漢字練習(先取り含む)

予習シリーズ本体は、2日に分けて 0.75時間X2 ⇒ 合計で1.5時間/週
漢字は、毎日少しずつ ⇒ 合計で0.5時間/週

■理科と社会■ それぞれ1時間/週 2科目計2時間/週
予習シリーズ 本体 → 演習問題集

理社それぞれ2日に分けて0.5時間x2 ⇒ それぞれ1時間/週 

■英語■ (こちらは予習シリーズではないですが)
毎日少しずつ
教材および分量は様子を見ながら

以上、算数・国語・理科・社会の4教科で週に8時間程度になります。これに、週テスト(5回に1回は組み分けテスト)実施の時間とその復習の時間が加わりますので、最低でも週に10時間程度は必要になりそうです。随分ミニマムにしたつもりですが、それでも3年生時より数時間は増やさないといけないわけで、かなり不安です。

今後の見直し必至か…


一応、手元に上記の教材は揃えた上で見積もっています。必修副教材のうち、算数は演習問題集のかわりに応用演習問題集にしていますが、ここは実際にやってみて、そもそも演習問題にまで行く時間があるのか難易度はどうなのかを見極めるつもりです。

また、国語の「漢字とことば」は良い教材だと思うのですが、漢字は独自に進めているのでこれ以上、教材を増やしたくないことと、語彙系は週テストコースに付随したオンライン教材があることから、一旦見送りました。息子は国語は比較的得意なので、演習問題集は割愛しています。

理科と社会は、当初は予習シリーズだけにしようかと思っていたくらいですが、覚えるべきポイントが分かりにくいということで、演習問題集を購入しました。とはいえ、取り組みはほんとにサラッとになります。組み分けテストの回に復習して、あとは5年生以降にまた出てくるということで割り切りました。

もしかしたら、もっと算数に時間を使うべきなのかもという迷いはまだあります。が、これもテストの結果などを見つつ調整していきたいと思います。上記プランでも、既に必修といわれている部分をかなり削ったつもりなのですが、それでも我が家の学習可能時間数からするとアグレッシブなプランになっています。よって、今後さらに内容をそぎ落とす必要が出てくる可能性も高く、その場合はどこを優先度あげて守るか、難しい選択になりそうです。

なお、学習内容は上記のとおりですが、勉強の進め方などについては、少しずつ息子自身で取り組めるように、親の手を離していきたいな、というのが、今年1年の隠しテーマとなります。既に書いたように、もともと勉強そのものはそれほど教えていないのですが、たとえば学習計画の立て方や、予習復習の仕方や、テスト勉強の仕方などなど、今まで、そして現時点でも親の方で決めてしまっているので、そこをできるだけ息子主導の形に持っていきたいと思っています。ここについては、別途まとめるつもりです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/31 11:35 ] [ 編集 ]
Re: skyさんへ
skyさん、コメントありがとうございます。
 
四谷大塚は、押しつけがましくなく取りたいオプションだけ取らせてくれるだけに、迷いますよね(笑) 実は、予習ナビなしは母の独断で決めてしまいました(=息子には存在さえ知らせていません)うちはどう考えても視聴時間がひねり出せそうになかったので深く検討できていないのですが、実際に使っている方々も適宜取捨選択されているようなので、いろいろ試されたらいいと思いますよ。是非、またコメント等で感想教えてください。(ブログとかされてたら、こっそりでいいのでお知らせいただければ遊びに参ります)
 
週テストの方は、正直、私も不安です。負担感いっぱいです(爆) とりあえず追い立てられてみることを選択したのと、もう一つは復習ナビを試してみたかったというのも本音です。テスト見直しを外注できるかなぁ、なんて。ただ、テスト自体は週テスト問題集というのが安価で提供されているので、気になるようでしたらそちらでお試しされてみるのはいかがでしょう。平均点とかまで掲載されているらしいので、ものすごくコスパいいと思います。(ゆえに迷った 爆)
 
申し込みの直前に、四谷大塚に電話して聞いたのですが、支払は期毎でも、実際には契約は月単位のようです。前月の15日(怪しいので要確認)までに申し出れば、手数料はとられるかもしれませんが返金も可能とのこと。なので、まずは最初の選択で進み、追加するなり削るなりというので良いのかも。

私が予習ナビのみコースで行くとしたら、週テストは問題集でやりつつ、復習のところで(再び)予習ナビを使ってみるとか、とりあえず予習ナビのフル活用をしてみるかなぁ。あるいは週テスト飛ばしても、組み分けだけは受けてとりあえずある程度進めていけそうなら、週テストのことは忘れるとか。我が家は4年生のうちは確実に定着まではめざさなくていいや、という志の低さなので、参考にはならないかもしれませんが。
 
週テストコースでしばらく進めたら、また記事書きますので、よろしかったら、また遊びにいらしてください。周囲に、お仲間がいないので、嬉しくなっていっぱい書いちゃいました。お気に触るところ等あったら、ご容赦くださいませ。
[ 2017/01/31 18:09 ] [ 編集 ]
いよいよ・・・ですね
studyjournal2020さん


進学クラブの記事、とても参考になります。
我が家も(漠然とですが)、小4の間は進学クラブか週テスト生あたりを候補に考えています。端的には、週テストを自宅で受けるか会場で受けるかという選択なのですが、一方で「小4年で週テストが必要だろうか」という思いもまだ残っています。今後1年間は色々逡巡しそうです。


四谷大塚の場合、色々な組み合わせが考えられるので、flexibleな部分を活かして色々と工夫ができる可能性もあり、そのあたりに個人的には魅力を感じています。一方、教材等の選択・優先順位付けなど、状況を見ながら進めていく難しさもあるように思います。


色々ご苦労があるかと思いますが、家庭学習時間の枠に収まる学習スタイルが早期に確立できることを願っています。


今後の記事も楽しみにしています。
[ 2017/01/31 23:22 ] [ 編集 ]
Re: 凝り性親父さんへ
コメントありがとうございます。

>一方で「小4年で週テストが必要だろうか」と 
 
すごく良く分かります。立ち位置の確認目的だったら、月1の月例とか週例テストでも十分ですものね。自分のペースで進められる自宅学習の良さを享受するうえで、毎週のテストはいかにも追いまくられそうです。私が勝手に、凝り性親父さんちの取り組みをストーカーしてきた限りでは、家庭学習をきちんと進めてらっしゃるようにお見受けするので、多分、うちみたいな追いまくられないと、という意味では必要ないかもしれませんよ。
 
息子は、子供らしい真面目さで、週テストがあるからやらなきゃ、といえばやりそうなところがあり、それも狙いです。あまりテストは嫌いじゃなさそうなんですよね。出かけるやつは週末遊べなくなるので嫌がりますが。今の計画でも既に、算数は演習不足なので、週テストで定着確認というより、問題演習(でも結構真剣にとりくむ)の一部くらいに思っています。
 
> 色々ご苦労があるかと思いますが、家庭学習時間の枠に収まる学習スタイルが早期に確立できることを願っています。
 
ありがとうございます。やっと、1年かけてジュニア予習シリーズに慣れたと思ったら、終わっちゃいました(笑) でも、この週単位での進め方は、息子も私も予習シリーズの導入になっているような気がします。(というか期待?)
[ 2017/02/01 19:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する