2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 外部テストやイベント > サピックス入室テスト 新4年生(3年生11月)

サピックス入室テスト 新4年生(3年生11月)

サピックス入室テスト3年生11月

サピックスの入室テスト 新4年生


3年生11月実施のサピックス入室テストですが、新4年生(3年生の2月)からの入室希望者対象の第1回になります。合格した場合、手続きはすぐにしないといけませんが、入室自体は来年1月の準備講座からもしくは2月からを選べるようです。2月が塾の新学期ということで、新4年生向けのテストはあと2回ありますが、体験授業ありということで、我が家はとりあえず初回を受けてみました。

スポンサーリンク



入室テストは合格!


数日で、マイページ上では合否が分かるようになり、偏差値等の載った成績表も1週間以内に郵送されてきました。300点満点で入室基準点はなんと100点を切っています。よくいわれるように、サピックスでは新4年生での入室希望者はほぼ全入に近い状況だといってよいくらいかと。ちなみに、送られてきた成績分布表によれば、基準点はボトム7~8%、偏差値でいえば35未満という感じになります。この基準点が、学年が上がるごとに、引き上げられていくわけです。

かつては、入室希望者のみのテストの回と在籍者もあわせた回とでは、受験者の母体が異なるため結果も異なるといわれていました。今回のテストは入室希望者のみ対象のようですが、偏差値等はサピックス在籍者を含めた母集団を想定して、修正算出されています。厳密にいえば、入室希望者向けのテスト問題は在籍者向けの問題とは難易度が異なるのかもしれませんが、それでももし入室したらという数値に換算して見せてくれるというのは分かりやすくてよいと思いました。

さて、結果ですが、65>算数>2科目計>60>国語 (←あこがれの、このフォーマット。初めて使ってみた)ということで、2科目パーセンタイルで上から10%程度のようです。上から20%~25%がαクラスといわれていることからすると、αスタートできそうな成績なのでしょうか? 正式には、あと2回の入室テストの結果も踏まえたうえで、クラス決定されるようです。

とりあえずホッとした


少し前に受けた全国統一小学生テストは、リトルくらぶ受講生としてはホームなのに対して、このサピックスの入室テストはアウェイな気分でしたが、蓋を開けてみれば結果はこちらの方が良いくらいでした。もちろん、偏差値の3とか5とか、現時点では誤差の範囲内ではありますが。

サピックスも4年生から本格的に受験体制に入るわけで、だからこそカリキュラムの最初に間に合う新4年生2月の入室基準点が低いのは道理です。ここまでは、学校の勉強をきちんとやれていればそれ以上は求めない感じというか。よって、多少家庭学習で受験準備を始めている我が家が現時点で少しいい位置にいるのは当たり前で、(入塾しないなら)今後も入塾者と同じペースでやっていかないと相対的な位置は下がっていくことになりますね。いやぁ大変だな、これは・・・

新4年生入室をするか否かを決定しなければならない期限が迫ってきましたが、最近の家庭学習の状況、先日の全国統一小学生テストの結果および今回のサピックス入室テストの結果を踏まえて、じっくり主人と相談することにします。

今回の入室テストの有効期限の範囲内では結論が出せないので、もし新4年生から通塾開始かつサピックスへということになったら、再度12月か1月の入室テストを受ける必要があります。


関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/12/05 18:00 ] 外部テストやイベント | TB(-) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/12/09 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する