2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 外部テストやイベント > 彦根城と小谷城でお城にも嵌りそうです

彦根城と小谷城でお城にも嵌りそうです

彦根城

戦国ブームは城めぐりに波及


真田丸にはじまった我が家の戦国ブームですが、そこから大河ドラマつながりで、武田信玄ゆかりの地をめぐることとなり、今回は、彦根城を1泊2日で訪ねることになりました。

スポンサーリンク



彦根城も、来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」が始まったら、またブームが来そうなので、その前に行ってみることにしました。ちなみに、直虎は、彦根藩祖 井伊直政を育てた人で、彦根城はその井伊家の居城になります。

彦根城とひこにゃん


彦根城は、天守と一部の櫓が国宝に指定されています。10年ほど前に、築城400年を機に、ゆるキャラ「ひこにゃん」とともに大ブームとなった彦根城ですが、直虎開始の前なら空いているだろうという目論みは外れ、週末とはいえかなり混んでいました。天守閣には30分~1時間並ばないと入れないほどです。

城内は大変きれいに整備されており、順路に従って効率よく見ることができました。実際に戦に使われることはなかったようですが、軍事面での備えもしっかりなされており、また外観上もとてもきれいなお城です。玄宮園というお庭なども含めて、まる一日、じっくりと見てまわりました。

ちょっと気を付けたいのは、城内には食事をするところがないので、午前中早めに訪れて天守などをまわり、一旦、外に出て昼食をとってまた戻る、など昼食の時間をきちんと計画するところでしょうか。天守の列にお昼頃に並んでしまうとしんどいかもしれません。

なお、彦根城については、ひこにゃんが案内してくれる子ども向けのガイドブックもあります。うちの息子も持っています。

ひこにゃんとお城で遊ぶ本―国宝・彦根城築城400年祭ガイドブック

  彦根城と周辺の情報


長浜城歴史博物館


我が家は長浜に宿をとったので、翌日はまず、こちらの歴史博物館を訪ねました。長浜城は城址のみで建物は何も残っていないので、浅井家や秀吉にまつわる展示物を収めた博物館ですが、その建物を城に似せた仕様にしています。

ここは、是非展望台からの360度パノラマを楽しむのが良いと思います。お城とはこのように見晴らしのよいところに建てるのだなぁということが分かります。また、狭い範囲に多くのお城があったこともよく分かります。

また、今回は時間の都合で足を延ばせなかったのですが、黒壁スクエアという風情ある商店街も有名なようですよ。

  長浜城と周辺の情報


小谷城


その後、電車で移動して、小谷城を訪ねました。こちらも、お城の建物は残っていないいわば城跡です。そしてここは、今まで見たお城と全く趣が異なる、そう山城です。実際山道をのぼってみましたが、時間と体力の都合で、本丸(跡)までもたどりつけずに引き返すことになってしまいました。とても残念です。

実は、彦根城も良かったんですが、私はこちらの山城にもかなり惹かれるものがありました。何もないのが、却ってロマンを感じさせるのでしょうか。実際、山城として、とても人気のある場所のようで、ふもとの資料館によると、いくつかの山城ランキングで1位になったことがあるようです。(山城という時点で、かなりマイナーにも思いますが 笑) 是非、もう一度訪れて、本丸その他の跡を巡りたいと思っています。

  小谷城と周辺の情報


城めぐりの番組を発見!


彦根城~長浜城~小谷城の旅から帰ってきてしばらくした頃、主人がNHK趣味どきっ!というシリーズの「お城へ行こう!」という番組を見つけてテキストを購入してきました。NHKが真田丸にあわせて、今年の2月に放送したものの再放送のようです。我が家も第1回は見逃してしまっていますが、それ以降は視聴しています。

お城へ行こう! ―名将の素顔をお城が“語る"(2016年2~3月の再放送) (趣味どきっ!)

これを見ると、お城は建物だけを見るのではなく、お城の図面や周囲の地形の利用などとあわせて見ると、実に深いことが分かります。たとえば、我が家が既に訪れた、武田の躑躅崎館ですが、その遺跡そのものは公園のようになっており、武田神社の敷地外のため、私たちは見学しませんでした。けれども、番組ではそこを丁寧に扱っていました。

また、北条氏のお城の回では、有名な小田原城とあわせて、山城である山中城を扱っていました。遺跡を復元してあるとはいえ、さまざまな戦いに備えた作りこみ(畝堀や障子堀など)が非常に印象的で、こちらにも行ってみたくなりました。

  山中城と周辺の情報


もうお分かりかもしれませんが、もともと主人は日本史や歴史が好きなんですよね。なので、息子が大河ドラマ―>戦国時代に嵌ったのに、これ幸いと便乗して色々と計画してくれます。私も歴史は嫌いではありませんが、お城にはあまり興味がなかったので、彦根城への旅の前に、主人が私のために予習本を買ってくれました。これが、お城入門書としてとてもよかったのでご紹介します。

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/10/27 18:00 ] 外部テストやイベント | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する