2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 英語の学習 > 【英検】英検4級に申し込みます

【英検】英検4級に申し込みます

英検4級

2017年1月の英検


6月の2016年第1回英検で息子は5級に合格しました。第2回の10月は都合があいませんでしたが、本年度の最終回である来年1月の英検に申し込むことにしました。4級にするか3級にするかは、ちょっとだけ迷うところですが。

スポンサーリンク



4級にするか3級にするか


初めて受けた5級は2歳から細々と英語を続けてきた息子にとっては、少し簡単すぎたようで満点でした。2016年度からの英検は、合格不合格の判定とあわせて、連続したスケールでのポイント(英検CSEスコア)が示されるのですが、それによれば4級の合格基準をも大きく超えている状況。また、4級の内容もチェックしましたが、5級からの大きなかい離は見られません。

ということで、4級をとばして3級にチャレンジするか(おそらく合格のみを目標とすれば6割正解すればいいので合格はすると思います)、もしくは4級と3級をダブル受験するかということも考えたのですが、主人とも相談のうえ、今回は4級のみを受けることにしました。いくつか理由がありますが、大きくは次の3点からです。

①英検を到達度確認に使いたいから
英検には資格試験の要素があるのも確かですが、中学受験で優遇措置を受けることをめざしていない我が家にとっては、合格の最低基準ではなくて十分な実力をつけてからの受験で問題ありません。また、語学は積み重ねですので、いい加減に級をあげても、どこかで躓くことになるわけですから。

②英検の合格をモチベーションアップにつなげたいから
我が家では英語は幼児の頃から始めたこともあり、できるだけ自然なこととして取り組んできました。本来先取り学習だとかそういうつもりで始めたことでもなかったので、あまり褒めたりもしてきませんでした。なので、英検のような褒めてあげる機会を(4級を飛ばすことで)減らす必要もないかな、という理由です。

③英検の準備ということで英語に取り組んでくれるから
英検を受けると決めたら、息子と一緒に購入したテキストに従ってちょっとした文法のおさらいをしています。一般的に学習の負荷を増やすと嫌がられがちですが、漢検もそうなのですけれど英検においても、息子は試験を受けるのならば、それに向けて準備するのは当たり前と思っているようなのです。5級は筆記は満点で合格したものの、スピーキングでフルセンテンスで答えられないという弱みを発見したこともあり、その克服のために、ほとんど難易度の変わらない4級のテキストを使いながら、フルセンテンス応答の練習をしたいと思っています。

2017年度より3級にライティングが導入される件


上記の理由で、4級を受験すること自体に迷いはないのですが、あわせて3級をダブル受験するという選択には、少しだけ迷いが残ります。というのも、もともと3級からは、4級と5級にはないスピーキングの2次試験があるのに加えて、2017年度第1回からは、ライティングが1次試験に追加導入される予定だからです。

現在の3級(と準2級)の1次試験の内容は基本的にリスニングと文法や読解になります。文の並べ替え等はありますが、ある程度英語に触れていれば何となくできてしまってもおかしくありません。しかしながら、ライティングいわゆる英作文ということになれば、複雑な内容ではないにせよ、選択肢の並べ替え問題よりも難しくなるのは間違いありません。つまり、2017年度からの3級(と準2級)の難易度はあがると思われます。

とらぬ狸の皮算用ではありますが、3級は今受けたら受かる可能性がかなりあるけど、2017年度以降はもう少し対策が必要だろうな、と思うわけです。しょうもなさ過ぎて、息子にはいえませんが(笑)

迷った末の結論


こんな風に、つまらないことでいろいろと迷いはしましたが、最初の我が家の英検の利用方針にたちかえって、3級には4級合格後に取り組むことにしようと思います。そして、4級についてはできるだけ満点に近い形での合格をめざします。スピーキングは級取得の合否には影響しませんが、前回の反省をもとに、こちらも高得点での合格を目標にします。使用テキストは、前回と同じ旺文社のものです。

【CD付】小学生のためのよくわかる英検4級合格ドリル 改訂版 (旺文社英検書)

現状のプランどおり、4年生の間は(受験勉強は)家庭学習でいくという方針を貫ければ、4年生の10月か1月に3級をとって、(受験体制突入前の)英語学習の区切りとする、というのが現実的な感じでしょうか。前回研究したところによると、3級からは彼が身に着けていない文法事項(現在完了と受動態)があるので、これまでより時間をかけた取り組みが必要だと思っています。それと、並べ替え問題では露出しない作文能力の不足についてもじっくり取り組みたいところです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/11/21 18:00 ] 英語の学習 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する