2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > あれこれ考えたこと > 歴史マンガから普通の本への橋渡し

歴史マンガから普通の本への橋渡し

日本の歴史戦国武将

最近マンガばかり読んでしまう残念な息子


基本、息子は本が大好きです。字が読めるようになってからは、絵本そして子どもむけのチャプターブック(いわゆる文字だけの本)もどんどん読んでいました。けれども、かいけつゾロリサバイバルシリーズなどに嵌ってからは、そればかり読むようになってしまったのです(泣)。


スポンサーリンク



息子の場合は、文字の本にアレルギーがあるわけではありません。けれども、本棚にマンガ系とチャプターブックが並んであればマンガの方を選んでしまう、そういった感じでしょうか? この状況、親としてはなかなか残念なところではありますが、やはり本は読みたいものを読むことも大事だと思っているので、事あるごとに、「文字の本の方が情報が多いよ」とそれとなく刷り込みをするくらいにしています。

今や、とにかく何でもマンガ化されていて、伝記などもほぼマンガで手に入りますよね。我が家には私が小学生の時分に読んだ子どもむけの伝記全集(実家から少しずつ送ってもらっています)もあり、息子も最初はそちらを読んでいたのですが、学校の図書館でさえ伝記コーナーはマンガ本ばかりという状況の中では、自然と伝記マンガばかり読むようになってしまいました。これに関しては、「伝記はマンガで読むのも良いけど、文字の本も併せて読んでみると、別のエピソードとかもあるかもしれないよ」と誘っています。マンガを禁じるのではなく導入に使ってチャプターブックへ、といえば聞こえがいいですが、まあ妥協の産物です。もっとも、チャプターブックの伝記本が既に家にあるという意味では、折角あるのになぜ読まない感を醸し出すことはできているのかもしれませんが。

歴史好きならこんな本があります


何度か書いていますが、戦国武将好きの息子は歴史マンガについても、学校や近所の図書館の蔵書にて既に読んでしまっています。とはいえ、祖母の家に遊びに行くと、近くの大きめの本屋さんで本を買ってもらうことが半ば通例になりつつあるので、あるとき本屋で(子ども向け)歴史コーナーを眺めていると、息子にピッタリのいい本を見つけました。

超ビジュアル!シリーズです。この本の良いところは、劇画調(今はゲームキャラ風というべきでしょうか)のカラフルな絵が満載で、さらに若干のマンガも載っており、それに続いて普通に文字でかかれた部分(フリガナつき)がしっかりとあるところです。アマゾンのなか見!検索でも少し様子が分かると思いますが、絵がきれいだしマンガに慣れた子には入りやすい作りでありながら、自然にしっかりと文章も読ませるのです。もちろん、漢字にはふりがなが振ってあります。

超ビジュアル! 戦国武将大事典

息子は、そもそもチャプターブックも読めるのに手にとってくれない、という感じでしたが、これなら大喜びで知らぬ間に結構な文章量を読んでしまうという仕掛けです。また、もしチャプターブックに抵抗があるというお子さんでも、歴史マンガが大好きという状況なら、こういう本で文字の本に慣れていくことができるのでは、と思います。

超ビジュアル!日本の歴史大事典

先日、息子の書いた文章を読む機会があったのですが、それはたまたま歴史に関する内容で、言い回しや使われている言葉が妙に洗練されていました。今の日本語は昔ほどには文語と口語がかけ離れているわけではないとはいえ、活字を通じての語彙の獲得という面に改めて気づかされた次第です。また、具象語から抽象語へという、いわゆる10歳の壁にあたる今の時期以降、特に文章から言葉を学んでいくために、息子にはもっともっと活字に親しんでもらわなければと思っているところです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2017/06/12 18:00 ] あれこれ考えたこと | TB(-) | CM(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/13 11:24 ] [ 編集 ]
Re: skyさんへ
skyさん、久しぶりにコメント頂き、嬉しいです。

まずは本を読む習慣ですよね。一緒に読むのはどうですか? うちも一時期(たぶん
就学してすぐ、保育園に比べて自由時間が減ったときかな)本を読まなくなって
しまった時期があって、寝る前に読んであげたりしたことがあったことを思い出し
ました。

それと、ちょっと状況は異なりますが、息子は音読を面倒くさがるので、予習シリーズ
や週テストの復習時に、何とか1度音読させるために(推奨は3度ですがね 泣)
一文ずつとか一段落ずつとか交代で読んだりしています。要は、一緒にやろう作戦です。

別にマンガじゃなくてもいいと思いますが、サバイバルシリーズとかもダメですか?
あとは、興味のある分野の本だったら何でもよいのでは。うちは日本語の読書は今は
ほっといてもやりますが、英語の読書(もちろん日本語のレベルより下がります)は、
やはりハードルが高いので、さっきの一緒に読もう作戦のほかに、スターウォーズ作戦
というのもあります。ネットで探すといろいろあるので。まずは活字に慣れさせたいですよね。

姑息ですが、息子が好きそうだと思う本を自分の本ということで自分が読む、というのも
いいかも。これ読んだら、とか一切いわず。貸してといわれても、自分が読んでから、
とか言って焦らす・・・うちは読ませたい本のときは、これやります(笑)。外れたらお財布が
痛むので、図書館の本とか。楽しそうに読んでると気になるみたいです。

全然、参考になっていないかもしれませんね。

PS:武蔵学園、という名前、馴染みないですよね。2013年に学校の法人名を変更したらしいです。
(記事書くときに確認したところによると)でも、通常は使われていませんね。しかも高校が先
という沿革から、ここだけは中学校高等学校ではなくて、高等学校中学校というところも
なんかユニークですよね。

[ 2017/06/14 00:07 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/15 06:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する