2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 英語の学習 > 【英検】英検4級も満点でした!

【英検】英検4級も満点でした!

英検4級満点合格

2016年度第3回の英検4級の結果


息子が英検4級を受検し、満点合格をすることができました。5級に続き2度目の満点賞です。

スポンサーリンク



4級のスピーキング試験に向けて


既に5級合格の時点で、CSEスコア的には4級合格のポイントを超えていましたので、筆記試験については心配していませんでした。けれどもスピーキングの方は、まだまだ向上の余地があるので、これから少し取り組みを強化したいと思います。

5級と4級の間では、文法的にそれほど飛躍がないので、旺文社の対策ドリルはさらっと流しました。ただ、その際にかなりスピーキングを意識して進めました。簡単にいえば、フルセンテンスで話させるとか、文を変形させる(平叙文→疑問文、平叙文→否定文、現在形→過去形)練習です。ご存じの方がいらっしゃれば、昔、よくNHKラジオの基礎英語などでやった(今もかな?)ような練習になります。

息子にはかなり嫌がられましたが、それでも5級のスピーキングがイマイチだったおかげで、やらなければという意識付けができました。英検さまさまです。スピーキングテストは筆記試験の合否に関係なく取り組めるので、もし4級・5級の合格者でスピーキングテストを受けるのを躊躇したり面倒くさがったりしてらっしゃる方がいらしたら、極めてもったいないです。3級から始まる2次試験としての面接(スピーキング)とも、形式的にはほぼ同じ(難易度が多少変わるだけ)なので、そのための練習にもなるので。

さて、最後の仕上げに、英検を申し込むと無料でついてくるスタディギアというオンライン学習教材を使いたいと思っています。英検のサイトからもリンクしています。追加料金を払ってのアップグレードも可能ですが、無料部分だけでも結構ボリュームがありました。中身については、文法の説明などがちょっと小学生向きではないのと、単語が英語と日本語の一対一対応なところが気になったので、これまであまり使ってはいません。それでも、息子が単語のセクションなどをゲームのように楽しんでいる様子でしたので、アンチオンライン教材派の母ではありますが、暗記系の取り組みには適しているのかな、とも感じました。

ちょっと脱線しましたが、本題に戻るとスタディギアは2次試験への対応もしています。5級と4級のスピーキングはまだ本当の試験ではないので(=合否には影響せず)筆記試験のセクションしかなかったのですが、今回4級に受かった際に、まだ無料期間が残っていたのを利用して3級のところを見てみたら、2次試験のための練習セクションがあることに気づきました。

3級の2次試験ではありますが、入室のお作法のところを除けば、絵と文章の書かれたカードを渡されて、文章の音読をし、それに基づく質問への答え、自分自身への質問への答え、という形式は4級と同じなので、こちらで模擬練習をしてみようと思っています。3回分あって、今回のスタディギア有効期間の残りが1か月くらいなので、その間に取り組むつもりです。

さて3級はどうする?


以前分析したように、4級から3級のところは、うちの息子的には文法のギャップがあります。ただ、今回の4級試験のCSEスコアを見る限り今のままでも合格は問題なさそうです。一応、3級での文法の肝、現在完了と受動態はぜひ抑えておきたい項目なので、既に購入済のドリルを使って少しずつ教えていきたいと思います。

3級受検のタイミングは迷うところですが、既に合格圏にあることもあり、これから忙しくなってくる中学受験のことも考えて、2017年の第1回(2017年6月)を一応のターゲットにしたいと思います。

面接とライティング(英作文)


3級からは2次試験:面接でのスピーキングがありますが、既に書いたように4級の延長線上にあるので、今のまま続けていけば大丈夫だと思います。あとは、まさにこの2017年度第1回から、準2級と3級(の1次試験)に導入されるライティングがあるのですが、こちらはちょっと気が重いです。うちの息子がスピーキングが苦手なのはつまり英文を作れないからなので、スカイプ英語の先生とも連携してスピーキング・ライティングの両面から鍛えていかないといけないですね。

なお、プレスリリースによれば、試験の内容としては、準2級も3級も、英語の質問に対する答えを2文で作文せよ。というものです。準2級は目安として50から60語、3級は25~35語ということなので、形式は同じで内容が少し高度になる感じでしょうか。

質問の内容は、3級なら「あなたの好きな季節は何ですか?」に対して、答えと理由を2つ書くというものなので、決して難しくはないです。自分の使える範囲内の英語で表現すればいいので、あとは、むしろ(日本語でも)そういう質問に慣れておくことと、目安の字数を体感的に掴むことが必要かと思います。

よって、ここは多少練習が必要かなぁと思うのですが、初回の試験(2017年度第1回)だと、模擬問題があまりないのが不安です。3級に申し込んだら、また使えるようになるであろうスタディギアの中に、あと数問でも入っていれば、母が適当に類題を作ることもできるのですが・・・今のところプレスリリースの1例しかないので予想問題を作るにも手がかりが無さすぎなんですよね。

一方、この程度の英作文であれば、息子のアウトプット練習としてちょうどいい気もするので、是非積極的に取り組んでいきたいです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2017/02/06 18:00 ] 英語の学習 | TB(-) | CM(1)
おめでとうございます!!
studyjournal2020さん

こんにちは!
コメントありがとうございました☆

返信もこちらでさせていただきます♪


息子さんも満点合格おめでとうございます!

頑張りましたね!

実力があっても、集中して解かないと満点って難しいですよね。

我が家の長女も過去問では難問か間違っていたので、満点は厳しい?と思っていて期待していたわけではなかったのですが、

「満点」は子どもたちにとってもとても誇らしいものだと思うので、良かったなって思っています。

長女もライティングを全くしてこなかったため、今のままでは受験はできませんが、これをきっかけに練習してみるのも良いかなって思っています。

うちの場合はスペリングからなので気が遠いです。

英検というきっかけが無かったらなかなか動かない私達なので、ちょうど良かったです。


[ 2017/02/07 13:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する