2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【週テスト】4年生上 第4回B

【週テスト】4年生上 第4回B

四谷大塚週テスト組分けテスト

4つの単元が終わりました


毎週1単元ずつ進めて、先週で4つの単元が終了しました。今週末はこの4回の総復習、総合回の組分けテストです。その前に第4回の結果が分かりました。またもや、算数はなかなか良し、国語どうした~? という感じです。


スポンサーリンク



数値データ


これまでの3回は、日曜の午前中郵便局扱いで投函(普通郵便)して、翌週火曜日には採点結果が上がっていました。ところが第4回は処々の都合により日曜午後扱いで投函することになってしまいました。すると、これまでと同じく月曜には0点表示(おそらくこれが答案がスキャンされたってことなのかな、と理解しています)されましたが、採点結果が上がったのは水曜の午後。我が家の週スケジュールにおける復習ナビタイムにはギリギリです。ということで、やはり可能な限り頑張って、日曜の午前中投函を目指した方がいいのだな、ということが分かりました。

さて、冒頭にも書いたように、算数順調、国語どうする?の結果は以下の通りです。

偏差値: 算数>65>2科目>60>>国語≒50
正答率: 算数>90%、国語≒50%

今まで、算数は好き、国語は得意だと思ってきたのですが、国語については週テスト4回中3回がこんな感じなので、この辺が定位置なのかなぁという気もしてきました。一方、算数はとりあえず滑り出しは順調です。

誤答分析と考察


算数は、またもや1問間違い。一番最後の問題で正答率の一番低い問題(10~20%)でしたから、間違えるには順当な(笑)ところです。線分図は、問題を解く様子も注意して見てきましたが、図は大概書けていますし、また計算する際も最終的に何を求めるかを意識して解けるようになっているので、4年生レベルでの典型題は身についているように思いました。

国語は、特にこれといった傾向もなくできていませんでした。頑張って取り組んだあとはありますが、空欄自体も目立ちます。息子の復習前に、私も文章と問題文を見てみましたが、なるほど難しいですね。知らない言葉も出てくるのでなかなか文意がつかめなかったのではと思います。

一方、指示語の問題のところは、答えるべき内容まではたどり着いていたのですが、それをうまくつながるようにまとめたり書き換えたりするというテクニカルなところで躓いているようです。指示語問題への取り組み方については、私も父母教室で勉強したので(笑 といっても予習シリーズに書いてあるとおりですが)、これから指示語問題のたびに、息子と一緒にそれに従って問題を解いてみることで、じわじわと身につけていきたいです。

さて、今週末の組分けテスト、この感じだとBコースステイかな、という気がしています。ただし、国語を失敗すると大コケしかねないのが、少々心配なところ。ま、たかが組分けテストなのですが、うちの息子は結構、メンタルが弱くて、結果が悪いと自信喪失したりやる気がなくなったりしそうなので、何とか初回はうまくいってほしいものです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する