2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 春期講習会判定テスト4年生

春期講習会判定テスト4年生

四谷大塚週テスト組分けテスト

春期講習には参加しませんでした


進学くらぶ生の場合には、春期講習の資料はもともと教材に含まれています。直営校の講習に参加した場合には、その資料代を返金してもらえるという仕組みのようですが、我が家にとって春休みは貴重なスキーシーズン中のお休みのため、通常どおりの自宅学習となりました。(少々、遡って記録しています)

スポンサーリンク


数値データ


春期講習判定テストという名のとおり、講習の内容からの出題となるはずですので、講習テキストと予習シリーズを突き合わせてみると、ほとんどが復習、一部が次の週の内容(先取り)という感じでした。というのも、スキー合宿で全く勉強できない日があるため、講習の内容を全てやることは難しいため、どこを間引こうかと算段したわけです。

結局、算数と国語は全て取り組み、理科と社会は予習シリーズで未習のところだけさらっと見るということにしました。本当は良い復習の機会なのですけれどね…そんな感じの取り組みで、受けた判定テスト。勉強したとおりの結果でした。ちなみに、今回からCコース所属なのですが、講習会判定テストはBとC合わせてなので、偏差値はちょっと読みにくいです。

偏差値: 国語>2教科>60>算数>4教科>>理科>社会

講習会は外部生向けのものでもあるので、テスト問題の難易度はそれほど高くない気がしました。実際、素点はそれなりに高くても偏差値は高くは出ません。2教科については、まあ良くできたと思います。理科と社会はやっぱりね、という感じ。勉強不足がもろに現れた感じで、甘くありませんね。

誤答分析と考察


算数は難しい方から3問間違い、そのうち2問は未回答といつものパターン。特に問題ないでしょう。復習はきちんとします。

国語は、偏差値的には今回一番良かったです。小問毎の正解率を見るとそれほど高くないので、万遍なく得点するというのが難しいのでしょうか。息子の間違えたところは特に傾向のようなものはありませんでした。最近、国語の調子が良いので、ちょっと嬉しいです。といっても、地道に予習シリーズと週テストとその復習をやっているだけですが。

理科は、モンシロチョウと春の植物を間違えてしまいました。見事に講習での先取り部分です。目を通したとはいえ、やはり勉強不足だったのでしょう。次回の組分けテストまでにはしっかりと定着させたいと思います。

社会は、一応8割得点しているのですが、偏差値は50以下です。他のみなさんに比べて取り組みが甘かったということです。少なくとも4年生段階の社会は、きちんとやったかどうかなのですね。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する