2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【組分けテスト】4年生 第2回

【組分けテスト】4年生 第2回

四谷大塚週テスト組分けテスト

第2回組分けテストの結果


GWの後半、5月6日に実施された組分けテスト、我が家は旅行のため翌週の月・火で自宅受験したので、先日結果が分かりました。残念ながら、クラス落ちしてしまいました。再びBクラスです。

スポンサーリンク



初回よりもクラスが下がってしまった


4年生になる前の組分けテストではBクラスの上の方、その次の第1回組分けでCクラスの下の方にあがったのですが、今回の結果はBクラスの真ん中へんというわけで、まあ誤差の範囲ではありますが、少々残念な結果です。

偏差値でいうと
2教科>55>算数≒国語>社会≒4教科>50>>理科
という結果です。本来、一番好きで得意な理科が足を引っ張っていますが、総合的には算数でもう少し頑張りたかったところです。

今回の取り組みの反省点


恐らくみなさんそうだと思うのですが、GWがあったために、本来もう少しやる必要があったところをやり切れなかったのは正直なところです。我が家ではテスト対策は重視していませんが、(そもそも週テスト問題集も持っていないしやる時間もない)、それでも総合回としてやるはずだった内容はやり残してしまいました。

算数は、GW後半の旅行の前にと序盤では結構頑張っていたのに中盤で中だるみしてしまい、結局、応用演習問題集をやれませんでした。ただ、最低限の演習問題集まではやりきっていたので、まあ悪くはない結果です。ただ、組分けテストではもう少し算数で頑張れないと、上には行けませんよね。

それと、理科と社会の取り組みについては、総合回の問題に取り組む余裕がありませんでした。これは、週単位での理社への取り組みが遅れていたため追いつくので精一杯だったからです。あまり、理社に時間をかけすぎないように自重している面はありますが、それにしても問題練習が全く不足してしまいました。

以上が、組分けテスト取組みについての反省点です。よって、テストの結果は、それをそのまま反映していると思います。

誤答分析


算数については、正答率の低い問題はきちんと抑えられているので、そこは良いでしょう。正答率30%より難しい問題があまりできていません。このあたりからすると、Bコース順当なのかな、と思います。

国語については、漢字を除けば、間違えているのは正答率の低い問題なので、随分安定してきた、と思います。正解すべき問題は正解できている感じです。

社会は、もともと正答率が高いのですね。難しい問題は最初からありませんが、一応、正答率の高い問題はきちんと正解できているようです。演習に時間をかけられなかった割には良かったのかもしれません。

理科は、正直、どうしちゃったんでしょう、という感じです。間違えた問題は太陽の動きと磁石の単元に集中していました。ここは、父親と一緒にしっかり復習してもらいます。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する