2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【組分けテスト】4年生 第3回

【組分けテスト】4年生 第3回

四谷大塚週テスト組分けテスト

第3回組分けテストの結果


先週末の組分けテストの結果が出ました。嬉しいことに辛くもCコースにあがることができました。初回(新4年生=3年生最終)の組分けテストからは、B→C→B→Cと推移しています。Bの上位とCの下位はそれほど差異がないと思われますので、まあ(息子の実力的には)この勉強量ならこのあたりなのかな、という気がしています。

スポンサーリンク



国語と算数頑張りました


偏差値でいうと
2教科>算数≒国語>60>4教科>>社会>50>理科

という結果です。注力した主要2教科の成績が良かったのは喜ばしいことです。社会と理科は得点率も6割程度にとどまり全体の順位を下げてしまいましたが、時間のかけ方からいっても順当なところかと。このたびの総合回の週は、全統小やら英検やらもあったため、国語は漢字のみで算数だけは練習問題までだけどしっかり、社会と理科は演習問題集の練習問題をする時間もなく穴埋めページの復習のみという状況でした。限られた時間の中での優先順位づけとしては悪くなかったと思います。

国語はかなり安定してきたので、今回の様子を見ると組分けの回には予習シリーズを省略しても何とかなりそうです。社会と理科をどこまでやるかは悩ましいですが、やはり練習問題を一度は解いておかないと、この6割の壁は超えられなさそうに思います。次回の組分けは、算数をきっちりやる前提でですが、社会と理科にもう少し時間を使えるようにしたいものです。

誤答分析


算数は、実は10分くらい時間があまって見直しをしたくらいなので余裕があったと思うのですが、結果はそれなりに間違えてしまいました。正答率との関連でいうと、誤答は正答率50%以下のものがほとんどなので、平易なものはできているようです。また計算問題は全部できていました。

分野別にみると、得意なはずの平面図形の問題を結構落としていました。問題用紙のメモを見てみると、正方形を二つ重ねた図形の面積を求めるにあたり、重なりの部分をひくところを足してしまっています。きちんと式を書いてから計算すればいいのに、と親は思いますが、どうなんでしょうね。この問題は息子もかなり悔しがっておりました。算数は一問あたりの配点も高いので残念なところです。こういうの凡ミスといってよいのか。。。悩みます。

国語は、分野別にいうと漢字とことば系をかなり落としていたところが気にはなるのですが、今回に限りかもしれないのですけれど、これらの問題の正答率も低めでした。ネットの書き込みでは、今テストでは説明文に戸惑って物語文に達しなかったお子さんが結構いらしたような感じですが、息子の場合は読むのは良かったらしく文章題は記述含めてよくできていました。予習シリーズとテストで本当に力がついたと思います。

それにひきかえ、残念なことば系。解答欄のブランクも多かったです。まあ、そこにとらわれずに文章題に力を注いだことは良しとしましょう。漢字とことば、一応取り組んではいるのですけれどね・・・

社会は、間違いなく準備不足です。時間をかけたくないとはいえ、やはり最低限、演習問題集の練習問題までは解いてみないと、覚えたことのアウトプットにつながらないのがしみじみ分かりました。算数と国語に比べて、息子におまかせ度が高いのもいけないのかもしれません。答えは見れば分かるので、できるだけ自分で取り組ませてみているのですが。

理科も演習不足だと思います。ただ、太陽の動きは予習シリーズでは分かったと思っていて、春期講習テストで壊滅したのできちんと復習したはずだったのですが、またもや惨敗。やはり苦手単元なのでしょうか? もう一度復習するとともに、主人に敗因分析をしてもらいます。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する