2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 外部テストやイベント > 全国統一小学生テスト 4年生6月 結果分析

全国統一小学生テスト 4年生6月 結果分析

全国統一小学生テスト4年生6月

全統小の結果をもらってきました


6月4日の全国統一小学生テストの成績表がかえってきました。息子に、「統一テストの結果もらってきたよ」というと、真面目な顔で「で、俺呼ばれなかったの?」と。どうやら、決勝大会に行くつもりだったようです(笑)。あれだけ、Cコースの人たちもみんな受けるのよ、って事前に言っていたのに。とはいえ、特段がっかりしていたわけでもなく、要はあまり深く考えてはいないだけのようです。

スポンサーリンク



さて結果ですが、4教科で偏差値60ちょっとと、目標の65には及ばないものの、まあまあでした。しかし、非常にコメントしづらい内容です。

  偏差値で 社会>70>>算数>4教科>60>2教科>理科>国語>50
  順位としては、4教科で26000人中3000番くらい

普段の週テストの感触からいうと、算数は順当な感じ、国語は大失敗、社会はまぐれで大成功、理科は順当な感じです。普段の週テストとの関連性が見られるかなと思っていたのですが、(計算はしていませんが)相関が感じられません。ということで、全体的な解釈が難しいため、科目毎にどんな問題ができなかったのかを分析して今後に生かしたいと思います。

誤答分析


算数は正答率の高い問題はほぼ取れていましたし、全体的にも特に大きな抜けはなさそうです。また、過去3回と比較しても、偏差値が少しずつ上がっているので、着実に力がついているように思います。

一番、課題が残るのは国語ですね。まず語彙力。同音異字と慣用句が壊滅でした。まあ、ここは「漢字とことば」を淡々と進めていくほかなさそうです。それと、「高速基礎マスター」、本人も嫌いではないのですが、パソコン開くというハードルもありあまり進んでいません。夏休みに少し集中して頑張ってみようかしら、と思います。あまり一人でPCやタブレットを使わせたくないので難しいところですが。

読解問題の説明文。私もさっと読んでみましたが、少し文体が固い感じで、これは息子は苦戦しただろうな、と思いました。それから、いつも予習シリーズ等に取り組みながら感じていることですが、息子は選択式の問題があまり得意ではありません。そして全統小はまさにマークシート方式なので、いつものようにひっかけの選択肢にひっかかっていそうです。(問題用紙がまっさらなので、惜しかったのか、とんでもない選択肢を選んだのかはイマイチ不明ですが 笑)

国語の最後は、得意なはずの物語文ですが、イマイチのでき。けれども良く設問を見てみると、空所補充なのですけれど結局は語彙の問題でした。ことばを知らないのですね。読書は好きなのですが、ちょっと読んでいる本の内容に偏りがあるようです。やはりお話を読まないと語彙は増えていかないのでしょう。「高速基礎マスター」だけでなく、読書も少し物語などへの誘導が必要な気がしてきました。

社会については、まぐれでしょう(笑)。現状、予習シリーズでは苦戦中ですが、今回の出題範囲は予習シリーズ社会の前半部分で、比較的しっかり勉強したところが出たのも良かったかもしれません。

理科はいわゆる応用問題ができていませんでした。知識だけでなくて、それを使って考えるような問題です。こちらは、予習シリーズを勉強していても、演習問題集の穴埋めのところまでしか取り組めておらず、その先の練習問題まで取り組むようにしていかないと育たない力かな、と思いました。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2017/06/26 18:00 ] 外部テストやイベント | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する