2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【組分けテスト】4年生 第4回

【組分けテスト】4年生 第4回

四谷大塚週テスト組分けテスト

第4回組分けテストの結果


一言でいうと撃沈しました。またもやBコース落ちです。とはいえ、夏期講習には通わないし講習判定テストはBCコース共通なので、実質的には組分けテストとしての意味合いはあまりないのが救いでしょうか。

スポンサーリンク



今回は、ちょっと落ち込みます。というのは、前回、国語と算数のできが良かったので(当社比)、今回は社会と理科も頑張ったつもりだったのですが、結果があまりついては来なかったからです。そして、国語と算数は下がってしまいました。

全般的に平均的な成績でした


偏差値でいうと
国語≒理科=2教科≒3教科≒4教科≒算数>社会>50

全教科がザ平均な感じです。全体的な取り組みでいうと、社会と理科は演習問題集まで(前回は穴埋めまで)取り組んだのですが、結果は前回と大して変わらず、中途半端な取り組みではだめということなのかもしれません。理社を頑張るならもっと繰り返し取り組んで定着をはかるか、さっとやるだけなら、前回の穴埋めのみしっかりでも平均くらいはいく、という感じなのかも、と。

テスト結果を通じて勉強法を改善すると考えたらよいとは思うのですが、頑張らせて成果が出なかったのが、ちょっと息子に申し訳なかったです(泣)

とはいえ、今回ちょっと気になるのは、やはり算数のできですかね。正答率50~60%の計算問題などをバラバラ落としていました。組分けの正答率ですので、本来落としてはならないところのはずですし、さすがに本人もまずいと思ったみたいです。取り組み方の反省点ですが、やはり組分け回(総合回)にももっと算数優先で取り組ませれば良かったのかな、というのが正直なところ。社会とか理科の演習問題をまとめてやるのはしんどいので、毎日少しずつ取り組ませた反面、算数の総合回の演習がテスト直前にまでずれ込みました。最終的には、基本問題と演習問題には取り組んだという意味で、前回と取組内容は同じはずですが、集中力だとか、テスト直前のメンタリティだとかが、イマイチだったのも敗因だと思っています。

9月にある上期全範囲の組分けテストでリベンジできるように、夏期講習のテキストを使ってしっかり取り組んでいきたいと思います。今度は、また算数優先でやってみたいと思います。夏休みの取り組みは、改めてまとめます。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する