2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 夏期講習会判定テスト4年生

夏期講習会判定テスト4年生

四谷大塚週テスト組分けテスト

講習は参加していませんが


夏休みの講習は取っていませんが、進学くらぶのため強制的に(?)講習会の教材が送られてきて、かつ2回の講習会判定テストも組み込まれていました。実際、教材を見てみると、いい具合に4年生前期の重要ポイントがカバーされているようでしたので、それに乗っかることにした我が家です。

スポンサーリンク



7月末の組分けテストでBコース落ちだったのですが、講習の教材は全コース共通のようでしたので、講習を受けない我が家には影響は少ないと思いきや、夏期講習判定テストは、算数は出題もA、BCのコース別(国語はBとCが共通問題で理社は全コース共通問題だった模様)、順位と偏差値はコース別ということでした。つまり、Bコース内でのテストになりました。

数値データ


Bコース内ということで、前期、後期ともに良い結果となりました。ことに後期の方は、国語が物語文との相性が良かったようで全体の順位も一桁代と健闘しました。

<前期> 算数>2教科>理科>4教科>60>国語>>社会
<後期> 2教科>4教科>国語>65>算数>理科>60>社会

誤答分析と考察


今回のテストは、前期の履修範囲のおさらいということなので、2回分まとめて考察します。

まず、算数はB問題らしくそれほど難しくなかったので、しっかり得点できていました。基本は身についていそうです。ただし、ケアレスミスが1問あったようで、本人も悔しがっていました。

国語は、前期の方で詩が難しかったようです。後期は物語はバッチリでしたが、説明文はちょこちょこ間違えていました。けれども、総体的にいえば安定してきたように思います。問題はCコースと共通のようですが、偏差値はCコース内だともっと下がることでしょう。

理科は、前期分はしっかり取り組みました。天体の動きがイマイチでしたので、父親と一緒に予習シリーズに戻ってやり直しました。その結果がテストにもきちんと出ましたので良かったです。春の植物で点を落としましたが、ここは息子には興味が持ちづらいところで難しいところです。そして、後期分については、講習教材全く手付かずでしたが、その割には良かったのかもしれません。てんびんは未習(先取り)範囲でしたので、致し方なし。水の変化は全滅していましたが、復習ナビで理解できたとのこと。

社会については、前後期ともに、ほぼ手付かず。ここは、もう時間がなかったので、分からなかったところ間違えたところは、復習でしっかり押さえようということにしていましたので、イマイチの得点は折り込み済です。復習ナビでしっかり覚えてもらいます。

ということで、総括的には、この夏休みで前期分のポイントを復習するという目的は達成できたのかな、と思います。また、Bコースとはいえ、基本がしっかりと身についていることが確認できたので、少し安心しました。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する