2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【週テスト】4年生下 第1回B

【週テスト】4年生下 第1回B

四谷大塚週テスト組分けテスト

4年下の最初の週テスト


上期はBコースでスタートし、見事なまでにBコースとCコースをいったりきたりしていました。そして下期もまたBコーススタートですが、今度こそCコースに定住できるようになりたいものです。

スポンサーリンク



とはいえ、Bコース算数の問題の難易度はちょうど良いというのも、また事実なのです(笑) 基本をおさえたということを確認しながらも、手ごたえのある応用問題に触れられるCコースの問題も魅力的な一方、Bコースだと復習すべき問題が少ないので、息子の負担感が少ないのです。

4年生の通塾を見送った時点で、Cコースにこだわるのではなくて、あくまでも5年生で入塾してついていくのに必要十分な基礎力をつけるところに目標を置いたので、高望みし過ぎとは分かっているのですが、人間とは欲深いものですね。けれども、息子もCコース入りするというのがモチベーションになっているようなので、親としては勉強量は増やさずに、できるだけその目標に近づけるような取り組み方をサポートしたいと思っています。

数値データ


さて、初回の週テストですが、組分けテストの順位でいうと妥当なあたりではありますが、主要2教科だけということもあり、少し物足りない結果でした。(我が家の理科と社会は、相当手抜きのため)

偏差値: 2教科>算数>60>国語
正答率: 算数>80%>国語>70%

誤答分析と考察


今回の算数は、下期の第1回なので前回の復習部分がなくて、計算問題を除くと全て第一回の学習範囲である約数・公約数でした。取り組みやすく、全体的に高得点だったのではないでしょうか?息子ができなかったのは最後の問題で空欄でしたが、時間切れというよりも、一応10分くらい考えてできなかったということです。正答率も低い問題だったので、まあ仕方ありません。

そのほかに、1問は正答率50%程度の問題を落としてしまい、これはいただけません。10以下の素数を書く問題でしたが、1を入れてしまってアウトでした。これは、まあ算数の中では知識問題かと思いますが、今回を機会に覚えればよいことでしょう。

国語は、ちょっと不調でした。説明文だったからかなぁ、と想像していましたが、実は文法問題。主語と述語とか、修飾語がどこを修飾しているか、とかの問題をちょこちょこと落としていました。ここは、基本は分かっているのですが、まだ完璧ではないのですね。ただ、予習シリーズとか漢字とことば、の練習問題で間違えたときなどは、間違えだと分かるとすぐ自分で正解は分かるので、問題慣れしていけばできるようになるのでは、と思います。

次回以降もしばらくBコース続きますので、特に算数は、満点をめざして頑張ってほしいものです。また、夏休み明けてから、週テストの学習ペースがまだ確立していないので、この数回でリズムが作れればと思っています。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する