2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【組分けテスト】4年生 第5回

【組分けテスト】4年生 第5回

四谷大塚週テスト組分けテスト

4年生上半期の実力テスト?


新学期早々に受けた、組分けテスト第5回の結果です。一応、範囲は上巻全てとのことなので、ある意味実力テスト的な感じなのでしょうか。それにしても、夏休み前の組分けテスト、夏休み中の2回の講習会判定テスト、そして今回の組分けテストと、ここ4回続けて4科目計2時間のテストが続いていますが、結構大変ですね。普段の週テスト2科目計1時間とは負担感がまるで違います。

スポンサーリンク



さてさて結果ですが、Bコース残留となってしまいました。これまで、B→C→B→C→Bと推移してきたので今回はCと行きたかったところですが足踏みです。夏休み中なんで、しっかりと勉強した子たちが多かったのかしら、と言い訳を考えてみますが、我が家も最低限とはいえ講習教材は取り組んだので何もやっていないわけではないと思うのですけれどね。一応、Bコースの中での組は一つあがりました。

数値データ


偏差値: 60>国語>2教科>算数>理科>4教科>50>>>社会

算数と国語の主要2教科が比較的に良かったのは、時間のかけ方どおりでもあり、まあ良かったところです。理科と社会は問題演習がほとんどできていないので仕方ないところではありますが、今回の社会の点数までいくと足を引っ張るレベルなので、要改善ですね。

誤答分析と考察


まずは、算数です。算数男子の方々の前でおこがましいのですが、4教科の中では好きだし頑張ってもいるので、もう少しとれても良かったかなぁ、と思います。今回は、範囲が広かったせいか難易度も2分化せず広い分布で出題されていましたが、正答率5割あたりから上が、ほぼ取れずという感じでした。

そして、今回は全く手付かずの大問が二つほどありました。本人に聞くと、一応できる問題は落とさないように全体を見ながらできそうな問題からやっていったとのことなので、時間配分は失敗してはいません。時間が圧倒的に足りなかったということです。実は、今回、テスト終了後に「全然、できなかった」とかなり落ち込んでいました。講習会判定テストはBコースのこともありかなり良くできていたので、余計落胆してしまったようです。

講習教材で取り組んだ様子、また今回のテストの復習ナビの様子からすると、すっかり忘れてしまったとか手も足もでないというわけではないように見えます。演習が不十分なため、問題を解くスピードが足りないのでしょう。週テストは、その週に取り組んだ内容が出るので、問題を見てすぐ取り掛かれるのに対して、今回はいちいち考えてから解き始めるような感じというか。入試の頃には、問題を見るなり、ぱっと手が動く感じにまで持っていかないといけないのだと思いますが、現時点では、そこまで基本解法が自分のものにはなっていないということでしょう。

国語は問題なしです。漢字をちょこちょこ間違えているのはいただけませんが、読解問題が安定してきました。

理科は、天体について講習教材をきっかけに予習シリーズをやり直し、また講習会判定テストでもいい点がとれたので安心していたのですが、なぜか間違えてしまっています。しっかり復習が必要です。

社会は、もう満遍なく間違えています。回答も空欄が多かったので、覚えるべきところが覚えきれていないのでしょう。下期からは、具体的な都道府県の内容に入るので、もう少し興味を持って取り組めることを期待しています。上期の内容もその中でしっかり復習していければな、と思っています。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する