2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 外部テストやイベント > 文化祭:開成中2017

文化祭:開成中2017

学園祭めぐり

開成祭に行きました


身の程知らずの文化祭めぐりですが(笑)、9月には台風の影響などもあり1校しか行くことができませんでした。開成学園です。これで、なんとか4年生のうちに御三家全ての学園祭を制覇できました。来年は行くのも気恥ずかしくなっているかもしれないので、とりあえず良かったです。

スポンサーリンク



学校の全体的な印象


校舎そのものは、かなり年季の入った建物でしたが、それよりなにより迷路のような作りに驚きました。校舎が公道で分断されてしまっているための渡り廊下は仕方ないにしても、増築等でこのようなつくりになっているのでしょうか? もっとも、数年のうちに校舎建て替えが予定されているようなので、その際にはすっきりしたつくりになるように思われます。

生徒さんの印象は、良い意味で意外と普通の男の子たちだなぁという感じでした。展示の説明や、質問への受け答えもなかなかしっかりしていました。女の子たちが意外と少なかったのにはびっくり。

我が家は理科系の展示を中心に見てまわったので、落ち着いたおとなしめの生徒さんが多いような気がしたのですが、チラ見したハンドボールの試合(開成vs麻布)などは、結構、熱く、また高校生が中心のせいか随分、印象が違いました。そういうところが文武両道なのかもしれませんね。

ところで、文化祭なのに運動部の招待試合などが催されていたり、有名な運動会の映像が廊下で流されていたりと、母的には実は開成って体育会系の学校なの?、とちょっと驚きました。卒業しても開成閥がある、とか卒業生と分かると運動会の組(色)で盛り上がるなどという話も、そういうことなのかと。この辺、どうなんでしょう?

展示物について


我が家のいつもの文化祭定番ルートとして、物理部と化学部をまわりました。物理部は、いわゆる電子ゲームみたいな感じで息子食いつきでした。また、化学部はいろいろの化学実験を目の前で見せてくれて楽しかったです。説明もしっかりしてくれて、母的には一番楽しかったです。生物部は列が長かったので入るのを躊躇したら、その後さらに列が伸びてしまい、入るタイミングを逸しました。

その他の展示系としては、折り紙がすごかったです。うわさの「ペン剣」折り紙も見ました。一つの作品でも、制作時間が何時間もかかっていて、その集中力もすごいなぁと思います。折り紙って極めると超立体的になるのですね。それから、模型部や、乗り鉄から音鉄・撮り鉄などまで網羅した鉄道研究会など、もう男の子心をくすぐりまくりますね。

ところで、息子は囲碁で、お兄さんに二面打ちで対戦しましたが、初心者なので9石置かせてもらったのに、惨敗しました。結構、級位を持っている子どもたちも多くて、みな開成のお兄さんに挑戦しに来ているみたいでした。息子と並んでお兄さんに挑戦した女の子も、普段、囲碁教室に通っていると言っていました。

このように、我が家は、いつも展示系ばかりを見ているのですが、開成祭の目玉には、俳句とかクイズとかのイベントも多いようです。もしかしたら、(開成らしい?)本丸を見逃しているのかもしれませんが、学校や生徒さんの雰囲気を知ろうという目的は十分に果たせたと思います。息子も、楽しかった~と言っていました。


2017文化祭訪問の記録
  聖光中
  武蔵中
  麻布中
  開成中

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2017/09/28 18:00 ] 外部テストやイベント | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する