2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【週テスト】4年生下 第3回B

【週テスト】4年生下 第3回B

四谷大塚週テスト組分けテスト

あっという間に3回目の週テスト


2学期から始まった予習シリーズ下巻の取り組みですが、既に3回が終わってしまいました。Bコーススタートにて、1回目、2回目と気持ちよく成績優秀者レベルの点数で推移してきましたが、3回目も無事に満足いく結果を出すことができました。自宅受験と試験場での受験という壁はさておき、到達度としてはよろしいかと思います。

スポンサーリンク



数値データ


偏差値: 2教科>国語>65>>算数
正答率: 90%>国語>算数>80%

誤答分析と考察


今回のできは、珍しく国語が算数を上回りました。国語の偏差値は過去最高(もちろん当社比 笑)です。ここ3回は、以前、苦手だった説明文だったのですが、指示語や接続詞に着目するなどといった基本的な読み取り方が身についてきたのではないかと思います。国語については、本当にこの半年で力がついてきたのを感じます。誤答した設問は、正答率からすると低いものから数問ですので、特に大きな抜け等はなさそうです。

算数は、最後の大問ができませんでした。この問題については、息子は珍しく復習ナビを見ても何となくは分かるものの腑には落ちなかったようで、フォローアップ問題につまづき、癇癪を起こしていました。仕方ないので、私も一緒にもう一度復習ナビを見つつ、その確認問題をやってみましたが、これを限られた時間内でやるのは、今の息子には正直ちょっときついかな、という感じでした。でも、こういう理詰めで解いていく問題、(時間があったら)楽しいですね。

まあ、この問題をBコースの5人に1人が解けているというのは驚きでしたが、今回、手をつけられなかった応用演習問題集をチラ見したところ、A問題に似たような問題がありましたので、この辺まで取り組めていたら良かったのでしょう。とはいえ、ここは我が家の取り組み的には時間が足りなかったので仕方がないし、また難易度的に落としてもよい問題でした。むしろ、前半の単位換算の計算(正答率7割くらい)を間違えたのがいけなかったです。

けれども、とりあえず連続3回いい感じで来たので、この調子で頑張って次の組分けテストでは再びCコースに返り咲きたいものです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する