2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【週テスト】4年生下 第8回B

【週テスト】4年生下 第8回B

四谷大塚週テスト組分けテスト

週テストまたまたいい感じ


あくまでBコースの中での話ではありますが、2教科で10番台となかなか良い成績でした。今回は分数+小数(前回)の計数単元。計算は、公文もそろばんもやっていなかったせいか、上巻のときにはちょっと苦手な分野だったのですが、地道に予習シリーズの「計算」をこなしてきたせいか、とりあえず普通レベルには達した模様です。

スポンサーリンク



数値データ


偏差値: 2教科>>65≒国語≒算数
正答率: 算数>80%>国語

誤答分析と考察


分数というと、基本は計算問題ですが、応用問題となると公倍数や公約数と絡んできますので、意外と難しい単元だと思います。ただし、息子の場合には、それ以前にまだシンプルな計算にも甘さが残っています。日々の「計算」でも、「分数の答は基本的に帯分数かつ既約分数!」、などということを口酸っぱく言わないといけないレベルなので。

そして、今回の週テスト、正答率80%の計算問題を一つ落としてしまいました。不注意というより、明らかに演習不足ですね。

国語については、記述問題でもう少し底上げできそうです。この部分に書かれているという着目点はあっているのですが、それをまとめるときに、必要な主語や補語を補うというところが、まだ不十分なようです。国語の予習シリーズは、いつも一緒に学習しているので、そういう記述問題のまとめ方等について、慣れさせていこうと思います。

算数、国語それぞれの偏差値や順位に比べて、2教科だとぐっとポジションが上がるので、息子は今のところバランス型といえるかもしれません。下巻の国語の点数は、上巻の頃のジェットコースターに比べて随分と安定しているので、そこは維持しつつ、算数がもう少し突き抜けられるといいのですが。(Cコースに上がったら、算数をあげていかないとなりません)

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する