2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 4年生の家庭学習(進学くらぶ) > 【週テスト】4年生下 第14回C

【週テスト】4年生下 第14回C

四谷大塚週テスト組分けテスト

3回目のCコース週テスト


今回も、極めて妥当な定位置(?)、偏差値50に及ばずな結果でした。でも、組分けテストの順位からしたら、こんなものなのですよね。4年の始めの方でCコースになったときの週テスト偏差値平均が40台前半だったのと比べれば、今は40台後半という感じなので、少しずつ底上げできているような感じはします。

スポンサーリンク



数値データ


偏差値: 算数>50>2教科>>国語
正答率: 70%>国語=算数>60%

今回、算数がCコース平均を超えたのは良かったのですが、最近、順調だった国語が低調で足をひっぱってしまいました。

誤答分析と考察


算数は、前回計算問題を落としてしまったのが、かなり痛かったので、今回は注意喚起しました。自分でも堪えたらしく、今回はきちんと得点できました。Cコースの平均点に達したので、まずは上出来です。けれども、最後の正答率30%未満の問題はできなくても仕方ないとして、正答率70%くらいの問題をボロボロ落としているのが目立ちます。

今回の単元、場合の数は、以前より割と得意で今回も演習問題集に順調に取り組んでいる様子でした。それなのに、誤答はほとんど場合の数の問題という結果。これまで演習問題集の手ごたえと週テストのできは、ほぼ一致していることが多かったので、何かミスしたのか、単に演習不足だったのか、ちょっと復習の際に覗いてみます。

国語はどうしちゃったのでしょうかね。平均点が高めだったので、それほど難しい問題ではなかったと思うのですが。漢字をバラバラ落としていますが、配点が低いので、そのせいではありません。学習診断表も見てみましたが、正答率の高いのから低いのから、いろいろ間違えており、傾向が見つかりませんでした。こちらも復習のあと、何が良くなかったのか、本人に分析させてみようと思います。

今回のCコースではもがきながらも、週テストではそこそこ真ん中チョイ下のポジションで頑張ってきたので、今週末の組分けテストでは、そのままの力が発揮できればCコースがキープできるはずです。頑張れ~

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する