2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > あれこれ考えたこと > 中学受験をする理由 我が家の場合

中学受験をする理由 我が家の場合

中学受験合格祈願

中学受験をする理由


なぜ中学受験するのかという問題は、中学受験にかかわる親なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか・・・中には、両親ともに中学受験を経験していて、きわめて自然に当たり前のように中学受験するものだ、という方々もいらっしゃるのかもしれません。けれども、これは地理的・経済的な要因や、親の考え方など社会的な要因とあわせて、肝心の子供の状況などといったこともあわせると、極めてケースバイケースな問題であって、万人に当てはまる正解などあるはずもありません。そして、掲示板等でも必ず荒れるテーマでもあります。

スポンサーリンク



従って、これから書くのは私個人の、そして今現在の考えであって、タイトルにもあるように、中学受験についての一般論を語るものではないことを始めにお断りしておきます。

我が家のバックグラウンド


プロフィールにもありますように、母の私は、地方の公立小学校、公立中学校、公立高校(進学校)を経て、大学は首都圏の国立大学(文系)に入学しました。したがって、入学試験は高校受験と大学受験を経験しています。ウン十年前の地方ですので、進学塾とか予備校というものはそもそも存在しておらず、基本的には学校教育と自学自習のみでした。なお、大学受験時には通信教育のZ会を利用しました。

片や、父である主人は、東京の公立小学校から中学受験して、中高一貫の進学校を経て、国立大学(理系)に進んでいます。そして、我が家は現在、東京に居を構えていますので、私としては息子は中学受験するのかなぁ、とは何となく思っていました。

息子が小学校に入学したあたりから、調べ魔の私は中学受験について少しずつ調べ始めました。なんといっても自分が経験していない中学受験や、(男の子なので可能性としての)男子校などについて、あまりに未知の世界だったからです。主にインターネットや書籍などが情報の入手先です。

最初の疑問が生じたのは、中学受験に臨むにあたり「こんなに勉強しないといけないのかぁ」ということが分かってきた頃です。主人や主人のお義母さんからは、塾通い(四谷大塚)の話については茶呑み話的には聞いていましたが、今どきは標準的に四年生から三年間の通塾が多いのだとか。また、たとえばサピックスなら、六年生時には週に四日の通塾で平日は夕食抜きで午後9時までのクラス・・・などなど。いろいろと調べるにつけ、そこまで小学生の子どもに強いなければならない中学受験に対して驚いてしまったというのが正直なところです。

中学受験はなんのため?


最初は(まだまだ息子の学力等についてはなんともいえないという状況はさておき)もしも、彼が勉強に適性があるようなら、より知的レベルの高い環境を用意してあげたい、くらいに考えていました。地理的、経済的にはそういう学校に通わせることはなんとかできそうでもあります。ただ、受験勉強の大変さが分かりはじめると、そんなにしてまで中学受験しないといい大学に行けないのか(それが目的ではありませんが、ここでは話を単純にするために)ということも考えました。

実際、都立高校から東大に行く人もたくさんいますし、そもそも自分自身が公立出身で大学受験にあたっては何も不自由がなかったわけですから。(選択肢のない)地方の公立高校と、東京の公立高校は条件が同じとはいえませんが、もし我が家が経済的に私立中学・高校に息子を行かせることができなくてもそこから先の勉学をあきらめることにはならないと思います。

そんな頃、主人の出身中学・高校の文化祭を見学に行きました。そこにいる子供たちが、意外とガリ勉メガネ君ではなかったのと、主人がとても懐かしそうに当時の話をしてくれる様子から、たとえ進学校であっても進学実績のためだけにそういう学校に行かせるのではないのではないか、と感じました。こういうのは、行ってみないと分からないものですね。

また、主人は出身の学校のことを決して手放しで褒めるわけではありませんが、やっぱり○○ラブであることがひしひしと伝わってきます。当時の友人たちとは、今でも年に数回飲み会をしています。

よくインターネット等で、私たちの経歴と逆パターン、父が地方進学校出身で母は私立の場合に、子供の受験について意見がまとまらないという相談を見かけます。私は、そういう父側のいいぶん、何も公立の中学・高校で勉強できないわけではない、というのについてとても共感できます。でも、一方で、小学校・中学校で(今から思うと)学力的に浮きこぼれていた過去の自分を思うと、ある程度の学力レベルのそろった集団で勉強できたら、それも楽しかったろうなぁ、というのも想像できるのです。実は、それはある塾での体験授業を見学したときに心から思ったことです。

一言でいえば、学力レベルや友人関係、教育プログラム、教員の質等ひっくるめたかたちでの環境を選ぶということになるかと思います。決して、よい偏差値の大学に行くためだけではなくて、豊かな中高生活を送るためといえばいいでしょうか。

現時点では中学受験を前向きに考えています


まだ、本格的な受験勉強を始めていない段階ですので、当面は息子の状況に応じて進めていきたいと思います。息子が中学受験に向いていなそうだったら、撤退もありだと思っています。(なんせ幼い!)また、私立校の価値は進学実績だけにあるわけではない、ということを既に書きましたが、もし偏差値でない場合、公立に比べてプラス500万円の投資をするだけの価値をその学校に見いだせるかどうか、という観点で、幅広い偏差値帯の学校見学も必要そうです。

我が家の事例、といいながらいまだ結論の出ていない我が家ではありますが、とりあえず中学受験を前提に息子の家庭学習を進めていこう、という腹が決まりました。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/03/03 18:00 ] あれこれ考えたこと | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する