FC2ブログ

2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 5年生の学習(四谷大塚) > 【週テスト】5年生上 第3回C

【週テスト】5年生上 第3回C

四谷大塚週テスト5年生

あっという間に3週目が過ぎました


塾に通いはじめて、既に3回の週テストを経験しました。やっと週の流れ、すなわち授業の前にやること、授業の内容、授業のあと週テストまでに取り組むことが分かってきました。ただ、こなすのに結構時間がかかり、毎日追いまくられている感じです。

スポンサーリンク



週テストの振り返りについてだけは、テスト後の解説授業の中でほぼ済ませてくるので、そこは楽になった気がします。

数値データ


素点正答率: 算数≒国語≒2教科>80%>4教科>社会>理科>70%
4教科偏差値前回比: ↑
2教科偏差値前回比: ↑↑

過去2回は、理科と社会に比べて算数と国語が奮わなかったので、息子には理科と社会はこれ以上は頑張らなくていいけど、算数を頑張ろうね、と声掛けしてきました。その意味では、今回は2教科、特に算数が良かったので狙い通りではありました。

誤答分析と考察


まずは算数から。図形については息子は比較的得意としています。ただ、週テスト問題集に取り組んだときにはB問題もC問題もかなり苦戦していたので、どうかなと思っていましたが、ふたを開けてみれば善戦しました。落とした問題は、難易度の高いものから順にでしたので、取れるものは確実に取るという意味でもきちんと得点できています。

ただし、できなかった問題については、翌日、解きなおしをしてみたところすんなりとはいかず、解説授業で分かったような気になっても、しっかり身についているとは限らないということを実感しました。4年生のときは復習ナビを見てOKにしていたのですが、ちょっと甘かったですね。(とはいえ、今から戻れるとしても、時間的にもモチベーション的にもやはりできなかったでしょうが)

国語は、漢字がメタメタです。明らかな間違いもありますが、ほとんどが惜しいというかハネなどがいい加減なためのXです。日々の練習のときから少し注意して見てあげないといけませんね。点数のわりには偏差値は高くなかったので、今回の問題は比較的簡単だったのかと思います。

普段、得意としている理科が今回は平均点を割ってしまい、本人はかなりショックを受けていました。「空気の体積と温度」が壊滅していましたので、組分けまでに要復習です。社会はまあ、特別な傾向なくぽろぽろ間違えていました。テスト前の時間配分として、社会と理科は同レベルの取り組みをすることで維持しつつ算数をあげるという戦略でしたが、なぜか算数があがった分、理科と社会が下がってしまいました。勉強量は減らしていないはずなのですが、私の声掛けがいけなかったのでしょうか・・・

さて、いよいよ組分け前の最後の単元、第4週。この回は算数の「割合」が大変になると予想していましたが、授業開始前の1週間(入試休み)に軽く取り組んでおいたせいか、意外と順調に進んでいます。むしろ社会の「工業地帯・工業地域」が覚えることが多すぎて、息子は癇癪おこしてしまいました。確かに、一度では覚えきれませんね。さすがにしんどそうなので、少し協力してあげようかと思っています。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2018/03/01 18:00 ] 5年生の学習(四谷大塚) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する