FC2ブログ

2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 外部テストほかイベント > 2018四谷大塚中学入試報告会

2018四谷大塚中学入試報告会

中学入試分析報告2018

今年の中学入試についての各塾の報告会


昨年の入試報告会は大手4塾制覇しましたが、今年は入塾したこともあって、息子の通う四谷大塚と資料入手目的でサピックスとの2つだけ参加することにしました。この報告会、土日にやってくれたら、ありがたいのですけれど、どの塾も平日開催です。もっとも、週末開催だったら、またたくさん行ってしまいそうですが(笑)。


スポンサーリンク



四谷大塚の入試報告会


まずは、四谷大塚の報告会に行ってきました。入試報告会の中身は、大きく2つです。1つは、今年の入試結果を数値的にまとめたものですが、個々の志望校も異なるため、基本は資料集を参照してくださいという感じです。資料集の見所は、今年の入試結果にもとづいた合格者・不合格者の偏差値分布だと思います。

そして、もう一つは入試問題の傾向分析。こちらについては、実際の入試問題等も載った充実の資料集も頂けますが、各教科担当の先生が詳しく説明をしてくださいます。塾に通わせる親としては、こうした傾向と対策を知るのも楽しいですが、本当の意味での対策はプロにお任せすることになるかと思います。以下備忘録として、親として考えさせられたり、気を付けていきたいと思ったことについてまとめておきます。

それでも、昨年の報告会の記事を見直してみたら、かなり被っている部分も多いことに気づきました。いみじくも、報告会の最後に校舎長の先生が、勉強の目的は入試合格ではないと仰っていたとおり、入試問題への対応も必要であるが、そもそも学ぶことの基本は変わらないということなのでしょう。

各教科毎に改めて気づいたこと


昨年のメモとかなり重複するところもありますが、今回は各教科毎に一つだけ、心しておきたいと思ったポイントを記しておきたいと思います。

【算数】では、難問奇問は減少傾向が続いている。難問ではなくても、典型題に一ひねりしたような問題が多く、例えば一本の補助線や、ちょっとの試行で典型題に引き寄せられるかという力が試される。対策としては、6年生の1学期までは、とにかく例題レベルの習熟に徹するのが肝心。そのうえで、見たことのないような問題にひるんでしまわずに取り組むという姿勢を、日々の学習サイクルの中で身に着けてほしい。



予習して授業で学んで、また宿題をして授業に臨むということを、真面目にやっていれば、おのずとこうした力はついてくるということですね。まあ、この学習サイクルが好きで四谷大塚に通わせているので、ここは納得です。

【国語】については、入試問題で読ませる文章の総字数は平均で7000字程度、文庫本の1ページの字数が約700字なので、子どもたちは、ほぼ文庫本10ページ分の文章を読んで答えなければならない。また、記述式も近年増えていて、男子校でも200~250字書かせる。つまり、原稿用紙半分以上の分量である。



これは、結構、衝撃でした。とにかく読書が必要ですね。語彙不足が気になっていて、正攻法の読書を通じて身に着けるのは難しいのでは、と思ったりもしていましたが、(それもそうだけど)とにかく読むスピード、理解するスピードをあげていかないと、お話にならないです。

【理科】は、毎日の生活の中でいかに好奇心を育むかにかかっている。時事問題も多く、ニュースの話題も含めて家庭でいろいろな問いかけや話をしてほしい。【社会】については、覚えなければ始まらない教科。しかし、覚えただけではどうにもならず、その知識を使って考えられるかが大事。



理科については主人任せですが、彼の強みは息子のためじゃなくて自分自身がリケダンなので、その活動に私たちを巻き込んでいくのが苦じゃないところですかね。実は私自身は文系人間で、自然科学にあまり興味が持てなかったのですが、主人と結婚してから、結構理科好きになってきちゃったくらいの巻き込みパワーありです。今のところ、とりあえず息子も理科好きになっているので良しかな。

そして社会も、家庭力が試されますね。「読売KODOMO新聞」を息子は楽しみに読んでいるのですが、よくその内容について話しかけてくることがあります。でも、なぜか夕食の準備中とか余裕がないときなのです・・・などと言い訳をしないで、もう少ししっかりと相手をしてあげないといけないな、と反省しました。

全般を通じての感想としては、中学受験に臨むには小学6年生でありながら、かなり大人の知識・常識が求められるので、息子、大丈夫かしらという感じです。国語の題材として、キャリアウーマンの仕事と家庭の両立についての葛藤がとりあげられたり、社会の資料問題で正社員と非正社員のグラフが扱われたりと、下手な大学生よりも一般常識を身につけないと、とても間に合わなそうです。



 2018大手塾中学入試報告会参加メモ
   四谷大塚
   サピックス

 2017大手塾中学入試報告会参加メモ
   早稲田アカデミー
   日能研
   四谷大塚
   サピックス

  2016大手塾中学入試報告会参加メモ
   四谷大塚
   サピックス

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2018/03/05 18:00 ] 外部テストほかイベント | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する