2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 5年生の学習(四谷大塚) > 【週テスト】5年生上 第17回S

【週テスト】5年生上 第17回S

四谷大塚週テスト5年生

Sコースの試練は続く


Sコースの週テスト、2回目の結果が分かりました。偏差値的には、前回よりちょっとだけあがりました。

スポンサーリンク


このブログは中学受験ブログですが、ほんとは家庭学習のこととか学校のこととか、学習に関わること全般を書き散らしたいと思って始めました。ところが、このところちょっと仕事が忙しいこともあり、ただの四谷大塚週テストの記録みたいになってしまっていて、正直なんだかなぁです。とはいえ、これさえサボってしまうと筆が止まってしまいそうなので、淡々と記録しておきます。夏休みになったら、もうちょっといろいろ書きたいな~と思いつつ。

数値データ


素点正答率: 社会>70%>算数>2教科>4教科>国語>50%>理科
4教科偏差値前回比: ↑
2教科偏差値前回比: ↑

偏差値的には、算数も国語も社会も40台に延びてきたのですが、理科で思いっきりドボンしてしまったため、全体的には前回よりややアップという結果になりました。

誤答分析と考察


算数はSコースの問題慣れしてきたこともあるのか、点数がとれるようになってきました。実は、Cコースのときとあまり勉強の仕方を変えてはいないのですが、授業クラスのレベルがあがったので、応用問題などにも取り組んでいるようです。この調子で頑張っていけば、偏差値50も近づいてくるのかな。。。(といいな。。。)

国語も、基本的には授業と宿題のほかには漢字とことばだけなので、週テストは問題との相性くらいしか分析しようがないのです。とりあえず、前回の問題文難しくてびっくりの洗礼を受けて、今回は少しアップしました。毎日のコラムはきちんと取り組んでおり、ときどき音読させて意味を確認しながら解説しているのですが、結構意味が分かっていないことに気づきます。ホントは毎日つきあいたいところなのですが、取り組みが朝のため、なかなか時間が取れず。語彙の点からも時事ネタの点からもとても良い教材だと思うので、音読→解説を夏休み中に習慣にしたいところです。

社会は、前回ここで嘆いたら、心優しい方々から、たくさんの参考になるアドバイスをいただいたので、やり方見直し中です。とにかく全く取り組みが甘かったことに気づいたので、穴埋めだけは親がつきあって取り組みました。ただ、ものすごく時間がかかるので、どうやって短時間でできるかを試行錯誤中です。

そして、今回ドボンの理科。人体については、覚えることも多かったので、直前に慌てていろいろ覚えたのですが、時間を使ったわりに点数が伸びず、本人・親ともに疲弊しました。ただ、社会と同じで、取り組みの甘さに気づいたので、これからしばらく、できるだけ短時間で、かつ負担なくこなせる方法を考えていきたいです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2018/06/27 18:00 ] 5年生の学習(四谷大塚) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する