2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 5年生の学習(四谷大塚) > 【週テスト】5年生上 第18回S

【週テスト】5年生上 第18回S

四谷大塚週テスト5年生

たんたんと


Sコースになって3回目の週テスト。低め安定してます(笑) Cコースの中ではもう少し動きがあったような気もしますが、ここSの集団の中では全く上がる気がしません。もっとも、これより下がりようもないのですが(爆)

スポンサーリンク



Cコースのときと比べて、それほど学習量も方法も変えてはいないので、このままではここが定位置なのでしょう。初Sコースなのだから、とりあえず週テスト問題にくらいついていることを良しとしなければなりませんね。

数値データ


素点正答率: 社会>70%>4教科>算数>2教科>国語≒50%>理科
4教科偏差値前回比: →
2教科偏差値前回比: ↓

4教科で見ると、点数的にも偏差値的にも、ほぼほぼ前回と変わらず。前回ドボンした理科が多少持ち直した分、算数がちょっぴり、国語がかなり下がった感じです。

誤答分析と考察


算数は授業にはしっかりとついていっているし、それなりに演習もこなしているのですが、偏差値50の壁は厚いですね。週テスト問題集のBとCはほぼ完璧にできているのですが、そもそもSコース問題にまでたどりついていません。やはりSコースで戦えるだけの演習には質量ともに達していないのだと思います。

国語は、書いてある内容がさっぱり理解できなかったと言っていました。読書は好きなのですが、説明文になると語彙も含めて話の内容を理解するバックグラウンドが足りないのだと思います。彼が説明文で得点できるときは、自然科学系、特に動物とか昆虫の生態とかのときに限られます。夏休み前に、国語をあげるにはどうすればいいのか、塾の先生に面談を申し込もうかと思っています。夏休み中に、これまで手付かずの演習問題集5年上を一緒に精読してみるか、別の簡易な問題集をやってみるか、など考えているのですが、心が決まりません。

社会は、少しずつ上がってきました。残念ながら演習量はまだ増やせていないのですが、取り組みを前倒しにすることで、授業が終わってしまってから時間をかけて覚えるのではなくて、授業前に一回覚えて、授業で復習というサイクルっぽくなりつつあり、本人の苦手意識も消えてきたようです。また、社会は全統小の結果が奇跡的に良かったのも、「僕は本当は社会が得意なんだ、やればできるんだ」という気持ちにさせてくれたみたいです。

理科は悩ましいです。本来大好きな科目で、かつここ2回も主人とじっくり勉強したのでそれなりに時間も使ったところなのですが、点数がとれません。ただ、演習問題集の穴埋め(まとめてみよう)もテストの直前にさらっとやっただけなので、もう一度きちんと問題を解いたりできれば、ぐっとあがるのではないかという気はするのですが・・・つまり、理科も社会のように前倒しのサイクルに入れると効率がよいのではと思います。とりあえずは、解きなおしをしっかりとして組分け回までに、どれだけ身につけられるかですね。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2018/07/05 18:00 ] 5年生の学習(四谷大塚) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する