FC2ブログ

2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 5年生の学習(四谷大塚) > 夏期講習前半戦終了

夏期講習前半戦終了

夏期講習前半終了

夏期講習も折り返し


息子の塾の必修講習は16日間ありますが、そのうちの8日間が終了しました。4日通って1日休み、また4日通って講習判定テスト①ということで、ちょうど半分まで来ました。

スポンサーリンク



我が家は季節講習未経験のまま入塾したので、夏期講習は初めての経験になります。普段の学校はないとはいえ、午後1時過ぎから休憩をはさみながら午後8時頃まで、正味6時間の長丁場。塾へ向かうのは昼間の暑い時間でもあるので、途中で嫌になったり体調を崩したりしないかと少しだけ心配でした。けれども、これまでのところ、とても楽しんで参加できているようです。

普段の授業とは違う先生に教わることで少し新鮮な気持ちで取り組めることと、めざしていたSコースを逃したことで、むしろ基礎をガッチリのCコースのレベルが息子にあっていたのが良かったみたいです。また、一部の先取り内容を除けば基本的に復習となるので、新出内容がない分いつもよりも楽ということもあってか、「講習って楽しいものだね」と、言っていたくらいです。

8回目を除いて毎回宿題が出るのですが、それらは翌日の午前中の2時間程度でこなしていたようです。したがって前日の宿題と「日々の演習」、「今日のコラム」を午前中に、早めのお昼を食べて午後から講習というリズムで、一日8~9時間の勉強時間となりました。こんな感じなので、塾のある日は自主学習は何もできていませんが、5年生だし勉強時間は十分だと思います。後期も時間は増やすことなく、むしろ学習の密度や集中力を高める方向で声掛けをしていきたいと思います。

講習会判定テストの準備


講習8日目の宿題はなかったので、講習会判定テストの日の午前中に少し復習をしました。8日間の講習をこなす中で自分で気づいた不得意分野を尋ねると、算数の「売買損益」、社会の「工業地帯・地域」、理科の「てんびん・ばね」ということでしたので、主人と一緒に講習教材の該当部分や予習シリーズなどを参照して振り返りをしました。あとは実際のテスト結果を踏まえて、(必要であれば)改めての復習と解きなおしをしっかりしたいと思いますが、6日からの選抜合宿前に完了するのは難しそうです。 

そして勉強の合宿もこれまた初めての経験なので、息子もSコースの子たちの集団に、行く前から既にビビり気味です。けれども、折角、参加できることになったことだし、しっかりと良い刺激を受けて帰ってきてもらいたいなぁ、と思っています。合宿から戻ったら、塾もお盆休みに入り、我が家も家族旅行にでかけます。バカンス系ではなくアクティブ系の行き先なので、のんびりとは行きませんが、ひととき勉強漬けから解放されて思いっきり楽しんできたいと思います。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2018/08/05 18:00 ] 5年生の学習(四谷大塚) | TB(-) | CM(2)
夏休みも始まればあっという間ですよね。
半分が過ぎ去ったなんて、、、( ̄▽ ̄;)早すぎるぅ。

6年の夏は、そのマッハさがオソロシすぎですが💧
5年生のうちはのびのび楽しく塾に通えていたら、それでもう十分立派✨
塾時間が長いと大変とは思いますが、おぼっちゃまも遊びも勉強も目一杯充実させた日々をタンノーしてね❣️

五年前半の週テストだけは復習して記憶に再度植えつけておくと、6年になってから少し楽ですヨ♬
個人的には五年の二学期の祝日のときに以前の組分けを解き直ししたりして、ときどき記憶を蘇らせておくことが、エビング理論的記憶の補強になりまして(3ヶ月後の記憶の焼き直しタイミング)、暗記の抜け漏れをずいぶん防げたので、頑張ってみてほしいです。

なんだかんだ6年の夏を迎えたら、五年の範囲が本当一番重要と骨身にしみる感じですσ(^_^;)
[ 2018/08/07 20:35 ] [ 編集 ]
もる様へ
もる様、こんにちは。いつもためになるコメントありがとうございます。

> 5年生のうちはのびのび楽しく塾に通えていたら、それでもう十分立派✨
> 塾時間が長いと大変とは思いますが、おぼっちゃまも遊びも勉強も目一杯充実させた日々をタンノーしてね❣️

塾が午後いっぱいなので、翌日の午前中に前日の宿題を早めに終えてのんびりしている様子を見ると、もっといろいろやったらと思ってしまう鬼母ですが、夏休みなのに十分やっているよな、と思い直しています。まだ10~11歳の小学生ですものね。

> 個人的には五年の二学期の祝日のときに以前の組分けを解き直ししたりして、ときどき記憶を蘇らせておくことが、エビング理論的記憶の補強になりまして(3ヶ月後の記憶の焼き直しタイミング)、暗記の抜け漏れをずいぶん防げたので、頑張ってみてほしいです。

直後の解きなおしについては、やっと習慣になりつつありますが、さらに時間をおいての見直しや解きなおしというのを、計画的にしないといけないな、とひしひしと感じています。5年後期の課題です。
[ 2018/08/19 01:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する