FC2ブログ

2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 5年生の学習(四谷大塚) > 【週テスト】5年生下 第1回S

【週テスト】5年生下 第1回S

四谷大塚週テスト5年生

再チャレンジのSコース


5年生前半の最後にSコースにあがった息子でしたが、Sでの週テスト(16~19回)ではものの見事に撃沈しました。5年生後半を何とかSコースで始めることができましたので、前回の教訓を生かしてレベルアップしていきたいところです。

スポンサーリンク



前回の週テストがうまく行かなかったとはいっても、組分けテストの結果(ギリギリS)からすると順当な位置にいただけですが、その直後の組分けテスト(=夏休み前の組分けテスト)ではSコースの成績がとれなかったことからすると、やはり学習がうまく回っていなかったのだと思います。

週テストの結果がイマイチのため、その次の週テストまでの復習も十分にできないまま悪循環になってしまったのを感じていました。また、本人の中にSコースでやっていく自信がなかったのも、結構響いていたのではないかと今にして思います。頑張っていなかったわけではないのですが、やれるような気がしないので頑張り切れなかったみたいな感じです。

そんな中参加した夏期合宿は息子の場合はとてもプラスの影響を与えてくれたと思います。講習の最初のテストでは、下から数えたほうがいいような成績だったのが、最後の方のテストでは多少ましな成績がとれたことで、「Sコースでもやれそうだぞ!」と思えたそうです。そんな気持ちで臨んだ通算5回目のSコースでの週テストですが、息子なりに大躍進でした。

数値データ


素点正答率: 社会>算数>国語>80%>理科
4教科偏差値前回比: ↑↑↑
2教科偏差値前回比: ↑↑↑

今回の週テストの問題は、第1回ということもあってか大幅に易化して平均点があがったようです。そして偏差値で見ると、今回は平均点を上回ることができました。偏差値30台からですから大躍進といえます。

誤答分析と考察


算数は正答率の低い問題がなかったところに息子の答案も最後の方の問題はできていませんでしたが、前半の問題はしっかり解けていたので、なんとか平均レベルでした。実は、今回過去問の週テスト問題もBコースでつかえてしまったので、そこを繰り返し演習したりと基本重視な取り組みでしたが、結果的には頑張ってレベルをあげて取り組んだ夏休み前よりも良かったみたいです。今後も演習のレベルを上げたいのはヤマヤマですが、基本を固めることを最優先ということを忘れずにいきたいと思います。

国語については、言語要素をちょっと落としてしまっていましたので、それは次回までにきちっと復習しないといけません。読解は記述の減点を除けばそれなりにできていました。ただし、今回の説明文のテーマがゴリラの社会、みたいな息子の興味ど真ん中な話だったので、まあラッキーパンチだったと思います。国語については、しばらく乱高下してしまうでしょうね。

理科もほぼほぼ平均レベルでしたが、思った以上にできていませんでしたので、復習をきちんとすることが大切です。また、社会は後期から大好きな歴史が始まり本人はハッピーな様子。1問間違いということで、息子はますます歴史が好きになってしまいました(笑)。良い滑り出しですが、好きな気持ちを大切にしつつ時間をかけ過ぎないように気をつけながら進めていければと思います。

この調子で、当面、Sコースの平均を安定してとれることを目標に頑張ります。


関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2018/09/12 18:00 ] 5年生の学習(四谷大塚) | TB(-) | CM(2)
おぼっちゃまガンバ☆
Sクラス昇格すると、組分けよりも難しい週テストなんですよねぇ。スゴイ、、、
算数などはBとCの違いは最後の大問だけって感じだったので、SもC週テの最後の大問が別の問題なのかな?とか思っていたのですが、理社もBCは共通だけど、Sは別だからスペシャルな問題なのかな?

それでも基礎から積み上げるとこは一緒なんでしょうね。C週テのレベルがきちっと正解出来たら、S週テでもある程度は取れるのかな??←我が家には完全に未知の領域。笑
でもだんだん慣れてきたら点数取れるようになってきてますね(o^^o)

夏期講習で自分だってやれば出来た☆という体験は、それだけで合宿に行った価値ありというくらいですね。ヒトってやれるって思えば、不思議と出来るようになるもので、臆して焦ったりしなくてもいいんだって気付けたことが大きな発見なのかもしれませんね。


難関校へ行く子たちはそういう難問を解くのが楽しい🧡と言って、最初の方の簡単な一行題にはときめかないからか、ぞんざいに解いて落としたりしてるのを見ると(うちの塾の天才君)
何事も楽しんでナンボなのかなぁとか思ったり。
メンズは競争好きだから、今度こそ難問に勝っちゃるでぇ〜という意気込みが、ぐんぐん伸びて行く力を生む気もするので、楽しんで挑戦してネ❣️
応援してますよ〜〜ガンバおぼっちゃま。
[ 2018/09/16 07:16 ] [ 編集 ]
Re: おぼっちゃまガンバ☆
もるさま、コメントありがとうございます。

> Sクラス昇格すると、組分けよりも難しい週テストなんですよねぇ。スゴイ、、、
> 算数などはBとCの違いは最後の大問だけって感じだったので、SもC週テの最後の大問が別の問題なのかな?とか思っていたのですが、理社もBCは共通だけど、Sは別だからスペシャルな問題なのかな?

念願のSクラスなのですが、もう周りができすぎて、はははって感じです。算数は、もる様のおっしゃるとおりです。息子によると、BとCの差よりもCとSの差の方が小さいらしいけど。組分けの配点のせいもあり、算数が得意なお子さま方が多いので、今はまあついていければ御の字です。理社はおっしゃるとおりSの問題は難しいみたいで、今までみたいにまとめてみようだけでは太刀打ちできず、後期からは週テスト問題集もやるようになりました(今までやってなかったんか~というのはなしで…)

> それでも基礎から積み上げるとこは一緒なんでしょうね。C週テのレベルがきちっと正解出来たら、S週テでもある程度は取れるのかな??←我が家には完全に未知の領域。笑
> でもだんだん慣れてきたら点数取れるようになってきてますね(o^^o)

はい、この間、もる様のところで熱く語り合ったとおりでございます。難しい問題もできてほしいですが、まずは前半のところがきちっと取れてからだ、というのをますます実感しました。そしてそして、前半ができていれば、間違ったりできなかった後半の問題も、解説授業で理解して解き直しができるんですよ。焦って、練習問題レベルが時間かかってやっとこさのレベルで、応用問題とかに取り組んでも、前半はポロポロ落とすは後半はもちろん空欄、かつ解説授業訳分からんってことになっちゃう(夏休み前の痛い経験)

> 夏期講習で自分だってやれば出来た☆という体験は、それだけで合宿に行った価値ありというくらいですね。ヒトってやれるって思えば、不思議と出来るようになるもので、臆して焦ったりしなくてもいいんだって気付けたことが大きな発見なのかもしれませんね。

気持ちが大事ってホントに思いました。私も主人も、むしろ過信に気を付けないとのタイプ(オイオイ)だったので、息子の気持ちのフォローが手薄だったのですが、今は、とにかくダイジョブ、できるって言ってあげると不思議と成績があがる息子に驚いています。
[ 2018/09/18 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する