FC2ブログ

2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 5年生の学習(四谷大塚) > 【週テスト】5年生下 第3回S

【週テスト】5年生下 第3回S

四谷大塚週テスト5年生

算数は比が続きます


5年生下期に入って3回目の週テストでした。算数は過去2回も比の単元でしたが、3回目はその比を平面図形の面積へと応用する回でした。

スポンサーリンク



比は、夏期講習でもさわりをやったおかげで何とかついては行けているようではありますが、5年生の後半で中学受験から撤退する人が相当数いるというのも頷けるハードさです。第4回も引き続き面積への応用、組分けをはさんで第6回からは速さへの応用と続くので、比の概念に躓いてしまうと、辛いでしょう。

数値データ


素点正答率: 社会>国語>70%>算数>理科
4教科偏差値前回比: →
2教科偏差値前回比: →

目標の4教科偏差値50は、今回もなんとかクリアです。

誤答分析と考察


ここのところ、文系科目>理系科目の傾向が続いています。社会は、歴史単元に入ってから楽しいようで週末にじっくり予習シリーズを読み込んでいます。その後は、まとめてみよう→演習問題→週テスト問題と最低限レベルではありますが、しっかり取り組めています。よって、取り組みは変えずに時短していければ良いのですが。

後期始まってからは、ずっと国語が好調です。最初は得意なテーマ(自然科学系の説明文)のせいかと思いましたが、どうやら国語については地道に取り組んできた成果が出始めたのかもしれません。家では漢字とことばの取り組みだけですので、この調子が続けば他科目に注力することができます。

そして、残念なことに算数と理科がイケていません。嫌いじゃないのですけれどね。まあ算数男子でないのは確かですが、であればこそ、もう少し演習が必要なのだと思います。S組のお友達は、やはり算数がとてもできる子たちが多いので、そこに刺激を受けてもらいたいところです。とりあえず週テストの解き直しがきちんとできるようになってきたので、Sのペースには追い付いてきたと思っています。次はもう少し週テスト前の演習を増やして、週テスト時点でもっと点数が取れるようにしていきたいものです。

理科については、単元によって予習シリーズを読んだだけでは理解しきれないことが多いようで、週テストでは苦戦中です。こちらは週テストまでにしあがらなくとも、まずは算数にもう少し時間をかけていこうかと息子と話しています。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2018/09/26 18:00 ] 5年生の学習(四谷大塚) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する