FC2ブログ

2020中学受験の記録

2007年生まれの首都圏男子。低学年は家庭学習で、5年生から四谷大塚に通塾開始しました。御三家中学目標に頑張ります。
Top Page > 5年生の学習(四谷大塚) > 【週テスト】5年生下 第4回S

【週テスト】5年生下 第4回S

四谷大塚週テスト5年生

平面図形と比の2回目


予習シリーズの後期はいきなり比が続きますが、今週も先週に引き続き平面図形の辺の長さや面積を比を使って解く回でした。三角形の合同条件や相似などを使うので、中学受験を経験していない親でも数学の知識で対処しやすいとは思いますが、これを小学生に理解させるというのが、なかなか大変なところです。

スポンサーリンク



そんな中、塾の算数の先生は単なる暗記にならない程度にうまくパターン認識を取り入れて問題への対処法を指南してくれており、さすがだなぁと思いました。息子も最初は時間がかかりながらも、相似の三角形を見つけ出すコツをつかんでいたようです。

数値データ


素点正答率: 社会>理科>70%>国語>算数
4教科偏差値前回比: ↓
2教科偏差値前回比: ↓

今回は、おしくも目標の4教科偏差値50はクリアできませんでした。

誤答分析と考察


算数のことばかり書いていますが、どうも思ったよりも週テストの点数が伸びません。事前の演習問題集や週テスト問題集の様子からすると、時間をかければなんとか解けているので理解はしているようですが、制限時間内には解けません。また、週テスト後の解き直しも順調なことからも、明らかに演習不足の様子です。

算数については、直近では組分けテストまでに練習量を確保してSコース維持に努めつつも、どこかのタイミングで週テスト前のしあがり具合を引き上げる前倒しサイクルに乗りたいものです。夏休みにしっかり先取りしたかったのですが十分にはできなかったので、このままだともうじき追いつかれてしまいそうで相当厳しいです。この算数を1週間で仕上げるのはかなりしんどいと思われますので、前途多難だなぁ。

国語は久しぶりに、漢字がボロボロでした。といっても親から見ても結構厳しめの採点であったことも確かで丁寧に書いていたら良かったのかなというバツもありました。本人には多少不満も残ったようですが、まあ組分けテストでつまらない失点をしないようにという教訓としてとらえることにしました。

それから、しばらく順調だった国語ですが、今回はふるいませんでした。説明文とくらべて本人が得意だと思っていた物語文、しかもつい先日、映画で見たばかりの「ペンギン・ハイウェイ」が題材だったにも関わらず、なんということでしょう!(笑) 登場人物の気持ちをことごとく読み間違えてしまっているようでした。独りよがり読みになってしまっているのでしょうか。しばらく様子を見て、続くようなら対策を考えたいと思います。

理科は水溶液、あまりできていませんでしたので、組分けまでに復習必至です。なお、社会は良くできていました。歴史はもともと知っていることもあることと、やはり好きなので覚えることが多くても本人は苦ではないようです。やっぱり好きこそものの上手なれですね。

さてさて、組分けに向けてですが、算数は上述したように練習量の確保。社会はさらっと復習、そして理科は過去の単元を含め理解が不十分なところがあるようなので、父親とじっくり復習することにしたようです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2018/10/08 18:00 ] 5年生の学習(四谷大塚) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する