2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 小学校での生活全般 > 好きなことしかやりません 2 ~授業中の態度改善のとりくみ

好きなことしかやりません 2 ~授業中の態度改善のとりくみ

授業態度悪化

授業中の態度が悪化してしまった背景


好きなことしかやりません 1 の続きです。

まず授業中の態度についてですが、そうなった要因はいくつか考えられました。一つには、同じクラスの中に(おそらく)ADHDのお子さんがおり、その子が立ち歩いたり、授業中に本を読んでいたりする。もちろん、先生は特別扱いするわけではなく注意もしています。ただ、私が想像するに、息子はその子の姿を見て、無意識かもしれませんが、「ああ、そういうのもありなんだー」と気づいてしまった。そう思う理由は、1年生のクラスには、たまたまですが発達障害系のお子さんがいなかったので、息子的には授業中にほかの本を読むなんて思いもよらなかったのが、そうしている子をみて、自分もやりたいなぁと思ってしまったのではないか、ということ。

スポンサーリンク



もう一つには、授業のペースがかなりゆっくりであること。これについては、1年生の時から若干気にはなっていました。授業中、あくびばかりしていて、退屈そうでした。ここは担任の先生も認めてくださっていて、自虐的に「簡単すぎるんですよね」とおっしゃってくださいました。もっとも、息子が「簡単すぎてつまらない」と暴言を吐いたそうで、これはこれで問題です。

最後に三つめとして、息子の自我の芽生えなのかなぁ、という気もしました。というのは、今まで特別に押さえつけてきたわけではありませんが、特に手を焼くような反抗期みたいなものがなかったからです。好きなこととそうでないことが、自分の中ではっきりしてきて、そしてそれを主張できるようになってきた、という意味では喜ばしいのかもしれません。

これだけではないかもしれませんが、少なくとも上記のような点がいくつか合わさって、息子の授業妨害的な行動につながっていたのではないかと思います。したがって、まずは、上の2点、クラスメートの件と授業浮きこぼれの件について、対策をとることにしました。

授業態度の改善のために試してみたこと


まずは、ADHD(と思われる)のクラスメートのことですが、息子に説明をしました。思われるというのは、特に保護者の方や先生からの説明はないからですが、比較的典型例のように見えます。「○○君が、教室を出ていってしまったり、授業中に本を読んでしまったりするのは、そういう病気があるんだ。そしてそれは、いけないことだから、先生も注意をするけど、病気だからなかなか治せない。だけど、あなたは、そうではないんだから我慢しないといけないし、真似をしてはいけない。そして○○君だって、それを治そうと頑張っているんだよ」と。

実際には、発達障害は障害であって病気ではないですが、息子の語彙では難しかったので病気の言葉を使いました。そして、この説明は、思いのほか伝わったようでした。(なお、あわせて、この内容はほかの子には話してはいけない、と伝えてあります、カミングアウトされているわけではないので)

それから、浮きこぼれてしまう件については、家の方では、まず「簡単だ」とか「つまらない」とか、たとえそう思っても授業中にいうべき言葉ではないということを、きつく言って聞かせました。そのこと自体は、子どもながらに理解できるようでしたが、でもつまらないということを、結構涙ながらに語られたときには少しばかりかわいそうになってしまいました。「手を挙げても挙げても当ててもらえない、(作業が)終わっても黙って待っていないといけない、そこでつまらないから本を読んでいると怒られる。本を読みだすとやめられない。。。」

本を読みだすとやめられないというのは、シチュエーションによって、学校でも待ち時間的なタイミングで本を読むことを許可している場合もあるようなのですが、そのときでもやめられないということです。集中できることはいいのですが、ぱっとやめるべき時にやめられるようにはしないといけないですね。意志というか気持ちのコントロールの問題として。

浮きこぼれの本質的な対策としての、待ち時間については、途中から学校の方でも、多少対策をとっていただいたように思います。また私も、学校へのアンケートの機会に「態度の改善は、親の仕事。でも他の子を待つ間、何もせず黙って待つのは低学年の子供にとってはとてもつらいので、何かやることを与えてもらえないだろうか」ということをお願いしたりもしました。実際、算数では与えられた課題が終わってしまったら、さらにプリントが用意されるようになったり、国際では、見本を見せるなどといった活躍の場を与えてくれるような配慮があったりして、本人的にも授業妨害的行動をする必要がなくなったように思います。

今、3学期に入って、まだ気をつけて見ていく必要はありますが、授業中の態度についてはかなり改善されてきました。この件についての学校側の対応については、とても感謝しています。

引き続き3でケンカの件について書きます。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/03/12 18:00 ] 小学校での生活全般 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する