2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 家庭学習教材と我が家での使用法 > 宮本パズルで計算力アップ-まずは賢くなるパズルたし算

宮本パズルで計算力アップ-まずは賢くなるパズルたし算

e43c3c0ed98690d664373673ddfe46f2_s.jpg

宮本算数教室の教材


宮本算数教室については、今さら説明の必要もないとは思いますが、かつて先着順に受け入れた塾生の8割が、いわゆる難関校への合格を果たしたという伝説の個人塾です。そこでは、4年生からの本格的受験準備に先立ち、3年生まではいわゆるパズル問題のみをノーヒントで与え続けることを試したそうです。結果、そうしてパズルに親しんだ子どもたちの方が、低学年からガリガリ頑張った場合よりもその後の成績の伸びが良かったという経験から、そのパズル問題を書籍化したものです。


スポンサーリンク



今や、宮本パズルは、パズル系ドリルの定番的存在ですが、数社から様々な種類のものが出版されており、どれを選んだらいいのか分からないくらいです。我が家でもいくつか購入して取り組んだので、実際に使ったものについてのみですが、使い勝手と効果についてまとめておきます。

宮本パズルと一口に言っても、いわゆるクイズ的なものと計算パズルとに分けられそうです。勿論パズルなので楽しんで取り組んだらいいのですが、親目線の少しばかり邪な発想として、我が家では計算パズルを、単純な計算問題ではないかたちで計算力を鍛えるために活用させて頂きました。

計算パズルの系譜


学研の賢くなるパズルシリーズの計算力系には、加減算、乗除算、四則演算とてんびんの4つの流れがあります。そして、それぞれに、初級、中級、上級の3レベルがあります。我が家がこの計算ドリルの導入を考えたタイミングは、息子が1年生の時だったので、そのうちの加減算から始めることにしました。つまり、たし算とひき算です。

宮本パズルは無学年制のため、どの級から始めてもいいのですが、まずは中級から始めてみました。初級には、「たし算を習ったら」というキャッチがついていたので簡単過ぎるかもしれないし、中級からは、ひき算も混じるとのことでしたので、もうすぐ2年生の息子にはちょうど良いかなと思ったからです。そして、難しかったら初級に戻って、そのあと中級を使えばいいだけですし。


宮本算数教室の教材 賢くなるパズル 計算ブロック たし算中級

実際、狙いもレベルもドンぴしゃりでした。前半は楽勝だったのですが、マス目が増えてくると、試してみなければならない組み合わせが増えてくるので、何度も足したり引いたりしてみることとなり、良い計算練習になりました。また、やってみると分かりますが、複数マス目の和差の与えられている加減算バージョンの方が、積商の与えられている乗除算バージョンよりも組み合わせのオプションが多い分難しいようで、中盤以降は結構手応えがありました。実は、後半はちょっと息子にはハードルが高くて、一旦棚上げしています。頭の体操的に、時間をかければ何とかなるのですが、うちの取り組みではちょっと捻った計算練習の位置づけだったので、少し寝かせることにしたのです。

このドリルは複数回取り組めるように両面に同じ問題が載っているのですが、難しくなりだしたあたりから、少し時間を開けて、再度取り組む予定です。その後、中断していたところを取り組んでみます。続きとして、加減算の上級もあるのですが、今のところそこはやらずに四則算バージョンの初級に移行することを考えています。
 宮本算数教室の教材 賢くなるパズル 計算ブロック たし算初級
 宮本算数教室の教材 賢くなるパズル 計算ブロック たし算中級
 宮本算数教室の教材 賢くなるパズル 計算ブロック たし算上級

計算問題と思わずに計算練習ができるところが素晴らしい


計算問題と意識せずに、自然に暗算をたくさん行うので、計算力アップの良い教材だと思います。また、可能性のある数字の組み合わせを全て挙げて条件にあてはまるかを検証して答えを探すというプロセスも論理的思考にぴったりです。さらには、答えにたどりついたあと、それが正解かどうかも自分ではっきり分かるので見直しの習慣もつきそうです。個人的にはかなり、オススメ。

なお、宮本先生は、横浜にあった算数教室は畳んでしまい、現在はニューヨークで同じような試みをしているとかいう噂を聞きました。塾激戦区の首都圏においては、算数単科塾はサピックスなどの総合進学塾の台頭によって難関校の進学実績を作りづらくなり(先生的には教え甲斐のある生徒を集めにくくなりかもしれません)、海外というブルーオーシャンを求めたのではないか、と事情通の方々は分析しているようですが。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する