2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 英語の学習 > 幼児からの英語学習(これまでの総括)

幼児からの英語学習(これまでの総括)

幼児からの英語

私と英語


私は、米国に留学経験があり、また、仕事でもかなり英語を使います。なので、息子への英語教育は、お勉強とか習い事とかいうのとも違い、感覚的には、一般教養みたいに感じていました。

スポンサーリンク



私自身は、英語の勉強は幼児からでないと身に付かないと思ってはいません。現に自分は基本的に中学以降に学んだ英語でここまできました。ただ、一方で仕事上で感じている、ネイティブとの違いというかハンディは、外国語として学んだ英語では乗り越えられないという限界もひしひしと感じております(もちろん、乗り越えられた方もいらっしゃるのでしょうが、私的には越えられていません)。

誤解を恐れずに言うならば、多分、私の英語は日本人としては、かなりできる方だと思うのですが、外資系の今の職種においては、ネイティブと対等に渡りあう必要があり、そこに限界を感じるのが正直な気持ちです。因みに、英語の専門職ではありません。

低学年までの具体的な取り組み


具体的には、息子が2歳頃から、おうちで英語を始めました。音源と絵本。また、土曜日半日の英語幼稚園に通わせました。一年生からは、外注部分はほぼ変わらずで、家庭学習の内容は、絵本より文字の多い本読みと、いわゆる英語のワークブックに移行しています。

成果としては、息子は子ども用のアニメなどは英語の副音声で理解できますし、読み書きのレベルは、恐らく、ネイティブの一年生レベルかと思います。日本語は全く犠牲になっていないので、というか、我が家は純日本人家庭ですから日本語第一は大前提ですので、結果には満足しています。ただし、スピーキングについては、他の3技能に比べると遅れをとっている感じです。

直近の課題というか問題意識


今、気になっているのは、受験勉強が本格化するまでに、どこまで頑張れるか、更に、塾に通い始めたら、英語学習をどうするか、といったところです。つまり、英語と中学受験勉強との両立というかバランスですね。

中学以降については、本人の意志でしっかり勉強してもらうつもりなので、考慮するとしたら留学・短期留学あたりになります。いずれにしても、中学からは英語を語学としてしっかり自力で学ぶ必要があると思っています。日本人だって使っている日本語で知性が判断されるように、英語だって話せるだけでは余り意味がない、というか、むしろ流暢だったら尚更、文法などがしっかりしていないと恥ずかしいですしね。

幼児英語の成功者の方々の話によると、受験勉強が本格化する前に、ペーパーバックが読める位まで持っていければ、なんとか、読書での維持や、中学入学後の再開に耐えうるとのこと。とりあえず、あとちょっと親の力で続けて行きたいと思っています。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/01/02 18:00 ] 英語の学習 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する