2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 3年生とそれ以前の家庭学習 > リトルくらぶ 初めての添削課題が返却されました

リトルくらぶ 初めての添削課題が返却されました

赤ペン採点通信添削リトルくらぶ

リトルくらぶ最初の添削課題


先月のリトルくらぶ添削課題が返ってきました。月末ギリギリに提出したので、投函から10日内外で戻ってきたことになります。

Z会の添削先生もそうでしたが、リトルくらぶの添削先生も、驚異的に字がキレイです。この水準じゃないといけないのなら、出来る人の母集団は限られそうなくらい。掛け持ちしている人もいたりして、と疑っちゃうほどです(笑)

スポンサーリンク



リトルくらぶのポイント制が地味にありがたい


問題のレベルが難しいこともあるのか、丸つけはされていますが点数はつきません。全問正解だと赤スタンプ、そうでないと青スタンプの違いだけ。ちなみに、今回は青スタンプ。算数の筆算を使った応用問題を間違えていました。

提出による1ポイントと合わせて。初回提出ボーナスの5ポイントのシールがついて来たので、息子は大喜びでした。小さな仕掛けですが、継続の助けになります。添削課題の提出自体は、Z会でも全て提出して来たのでそれほど困難ではないと思うのですが、リトルくらぶでは、添削課題の前に毎週の単元をきちっと終わらせて行くのはなかなか大変だぞ、と感じています。したがって、添削課題の提出によるポイント取得を、ジュニア予習シリーズを予定通り進めて行くことへのモチベーションにしていきたいと思っています。

今週は総合、つまり復習回なので、算数の新出事項がなく少し落ち着いていますが、来週は、いよいよわり算が始まるので、気が抜けません。4回につき1回の総合回は、通塾していると組分けテストなどをやるようですが、復習もさることながら、学校行事や体調不良などで少し遅れをとってしまった場合のバッファーと考えると、今後進めていくうえで少し気が楽になりました。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/03/11 18:00 ] 3年生とそれ以前の家庭学習 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する