2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > あれこれ考えたこと > 2020年大学入試改革のホントのところ・・・中学受験はどう変わる?!

2020年大学入試改革のホントのところ・・・中学受験はどう変わる?!

869226db143f0f835f2802e6b7ed324e_s.jpg

2020年大学入試改革の本当の意味


2020年の大学入試から、これまでの「センター試験」に変わって「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)が導入されることになりました。まだ少々早いと思いながらも参加した、四谷大塚の入試報告会でも、サピックスの中学入試分析会でも、これについて触れられておりましたので、なんだか知った気にはなっていましたが、改めてじっくりと調べてみることにしました。

スポンサーリンク



報道では、これまでのマークシート方式のみに代わって記述式の問題も取り入れるとか、一発勝負ではなく複数回の受験を可能にする、とかいった制度設計的なことばかりが強調されることが多かったように思います。(そして、実現にあたっては、記述式問題の採点や複数回実施の問題作成にかかる負荷の大きさから一部先送りされるような話も出てきているのはご承知のとおりです。)

けれども、ニュース報道などでフォーカスされがちな、そうした仕組みの変更以上に、テストで問われる内容の変化や改革の方がずっとずっと大きな意味を持っていることが見過ごされがちな気がします。古い話で恐縮ですが、共通一次試験からセンター試験への変更のときとは、全く次元の違うレベルでの改革が論議されているのです。

思考力重視と合教科型: 21世紀型能力


中央教育審議会の高大接続部会は答申の中で、新しいテストの中で評価したい学力を次のように定義しています。

「知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて探究し、成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力」(「思考力・判断力・表現力」)を中心に評価・・・

「教科型」に加えて、教科・科目の枠を越えた「思考力・判断力・表現力」を評価するため、「合教科・科目型」「総合型」の問題を組み合わせて出題・・・将来は「合教科・科目型」「総合型」のみとし、教科・科目に必要な「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」を総合的に評価・・・



つまり、従来の知識偏重型の学力から知識や情報を使って考えるという「21世紀型能力」を育てることへと転換していくことと、それを実現するために学力テストの内容も変えましょうということなのです。本当はゆとり教育もめざすところは同じはずだったのですが、単なる学力低下に終わってしまったのは、こうした大学入試改革が伴わなかったこともあるのかもしれません。その意味で、大学入試が変われば、自ずとそこへ向けて高校、中学校、小学校の教育内容も変わってくるはずともいえ、将来に期待が持てるような気がします。

キーワードはアクティブラーニング!?


では、そうした思考力・判断力・表現力はどのようにして育てていけばいいのでしょうか? そこで出てくるのが、これまた教育分野のバズワードになっている、アクティブラーニングです。2014年11月に、当時の下村文部大臣が中教審に対して行った諮問の中で、こうした新しい学力と、それを身に着ける学習法としてのアクティブラーニングに言及しています。

ある事柄に関する知識の伝達だけに偏らず,学ぶことと社会とのつながりをより意識した教育を行い,子供たちがそうした教育のプロセスを通じて,基礎的な知識・技能を習得するとともに,実社会や実生活の中でそれらを活用しながら,自ら課題を発見し,その解決に向けて主体的・協働的に探究し,学びの成果等を表現し,更に実践に生かしていけるようにすることが重要であるという視点・・・

「何を教えるか」という知識の質や量の改善はもちろんのこと,「どのように学ぶか」という,学びの質や深まりを重視することが必要であり,課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)や,そのための指導の方法等を充実させていく必要があり・・・




こうして文部省からもお墨付きを得たアクティブラーニングですが、一応、文部省自身ももともと大学での学習法としてアクティブラーニングを次のように定義しています。

教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である



したがって、下村大臣(当時)の諮問したのは、この学習法を小中学校で実践していくには、どのようにすればいいのか、ということを制度面や実施にあたってのサポート施策の面から提案してほしいということになります。

ところで、こうした学習法については、欧米では随分前から取り入れられていたように思います。実際、私が米国のビジネススクールに留学した際の学習スタイルは、まさにこれでした。グループディスカッションに参加するための準備は、実際の授業時間を上回るもので、その段階で学ぶことも多いし、またディスカッションに参加することで、さらに学びが深まるのも間違いありません。

しかしながら、これが教える側にとっても、相当なスキルと負担が必要とされるのも間違いないわけです。日本の場合は、自身がそういう学習スタイルで学んでこなかった教師が、今後こうした教授法を実践していかなければならないという困難さがつきまとうのですよね・・・

総合の時間や調べ学習ってありましたよね


諮問に対する回答はまだの段階ですが、既にこうした大きな方向性が示された中、早くもいわゆる進学校は新しい学力を見据えた学習に転換を始めていると思われます。というよりも、実は、おおたとしまささんのおっしゃるように、本当の学力上位校は、もともとこうした学力を志向してきたのではないでしょうか。自ら課題を設定し、それについて徹底的に調べ考えまとめていくような取り組みは、真の考える力を育みます。麻布学園の高1の「修論」(基礎課程修了論文)などは、その一例だと思います。

その意味では、従来の(大学)受験勉強よりも、いわゆる教養に重きを置いてきた私立中高一貫の進学校は、新しい大学入試に対しても更に強くなってくるのかもしれません。そして、これからは間違いなく中堅どころの学校も追随してくることでしょう。

また、進学校というくくりとは少し違いますが、東大付属中学校・高校においても、確か高校卒業の時点でやはり卒論的な取り組みを行っていたと思います。ウン十年前に、私が教育実習でお邪魔したときには、それが既に伝統となっていました。そして、すごく良い取り組みだなぁと感心したのを覚えています。ちょうど大学生が卒論を書くのと同じように、担当の先生と何度か面談をしながら、子どもたち自身がまとめあげていくのだそうです。恐らく今でも継続されているのではないかな、とググってみたら、こんな記事を見つけました。オリジナルは読売新聞で2007年当時の記事のようです。

卒業研究は、本格的な調べ学習として1983年から始まった。当初は、身近なテーマが多かったが、最近では、自分の進路と結び付けて取り組む生徒が多く、家族の海外旅行を利用したベトナムの実地調査や、ロックフェスティバルの研究、裁判員制度など研究対象も多岐にわたる。先輩たちを参考にしながら、発表方法も工夫を重ねる

教員の指導を受けながら、苦労して成果をまとめ上げた経験は、AO(アドミッション・オフィス)入試のほか、大学の卒論執筆などの役にも立っているという。総合的な学習の時間の先駆的な取り組みとして、他高校からの視察も多い




中学受験はどう変わる?


中学受験への影響ということに話を戻すと、大学がこうした新しい学力を求めるということは(そもそも社会からの要請というのがその前段階にありますが)、中高一貫校なら中学校の入学者選抜の段階で、既にこうした能力にたけた生徒が欲しいわけです。必然的に、中学入試問題にも影響が出てくる・・・つまり、考えさせる問題、合教科型の問題が増加することになります。いくつかの具体的な出題例については、既に見た大手進学塾の入試報告会・分析会の中でも詳細に挙げられていました。

確かに入試としては新傾向なのかもしれませんが、息子小学3年生の我が家としては、むしろ日々の学習の中で、こういった21世紀型能力を伸ばすことに意識して取り組んでいきたいと思っています。こんな風に書いてみると、実は小学校の長期休みの自由研究って、取り組み方によっては非常にポテンシャルがあるということに気づきます。自由研究の自由は、やるやらないの自由だと思って小学校時代を過ごしてしまった私が言うのもおこがましいのですが、自由研究とは自由なテーマで研究をすること。ここで、上手に子どもを導いてあげられるかは、結構、親力の見せ所かもしれません。塾の夏期講習より絶対、身になると思うのですけれどね。

なお、今回は中学受験への影響ということにフォーカスしてまとめたので、あえて触れていませんが、英語教育についての見直しも2020年大学入試改革の大きな柱の一つです。こちらは機会を改めてじっくり考えてみたいと思います。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/07/04 18:00 ] あれこれ考えたこと | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する