2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 英語の学習 > 英語スキーキャンプ

英語スキーキャンプ

スキー合宿

英語スキーキャンプ


今年のお正月休みはカレンダーの並びが悪く、親は二人とも1月4日から会社。ということで、息子は今日から、4日間子ども達だけのスキーキャンプです。

スポンサーリンク



日本語禁止の環境


夏のキャンプでは既に2回お世話になっている主催者なので、本人も親も安心して出発。こちらのキャンプは、英語を抜きにしても、かなり本格的なアメリカ式キャンプなので、経験としても素晴らしいと思います。今まで冬はスキーなしの雪遊びキャンプだったのでスルーしてきましたが、今年からスキーコースが導入されたので、バッジテスト系のものと迷った末、参加させてみました。

肝心の英語についてですが、大きくチャレンジコース(レベル分けはあるが、日本語も可)とイマージョンコースがあり、後者は日本語禁止ポリシーが徹底されています。親の企みで、1年生時からイマージョンの方に参加しているので何とかなっています。息子の場合は、言われていることはほぼ100%近く理解しているので、キャンプ自体は楽しめていると思いますが、話す方は得意ではないのでフラストレーションはあるはずですが。

ところで、イマージョンコースの日本語禁止ポリシーですが、日本語を使うと3度目には保護者に電話が行って説得され、それでも改善しなければ、途中で帰らせられます。息子によると、過去2回ともに、そうなった子がいたようですので結構厳しいです。本当に実力が足りない場合と、ルールに従えない場合とがあるようですが。

英語学習へのモチベーションとして


お値段も結構するのですが、英語学習のモチベーションアップとして活用しています。息子は、海外での生活経験はないので、スピーキングは他の能力に比べかなりハンディがあります。でも、主張しないとゲームの順番が回って来ないなどの環境の中で、サバイバル英語を話しているようです。

ゆくゆくは、本当の英語圏のキャンプに送り出したいのですが、低学年の間に日本国内でこうした環境が得られるのはありがたい限りです。最近、東京出発のほかに大阪出発と名古屋出発も可能になったらしく、全国から子どもたちが集まってくるようになりました。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/01/03 18:00 ] 英語の学習 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する