2020中学受験の記録<首都圏男子>

低学年は家庭学習、五年生から通塾して、2020年には御三家中学を受験?!
Top Page > 外部テストやイベント > 栄光ゼミ 無料科学実験教室 ホタル博士になろう でまたまた楽しんじゃいました!

栄光ゼミ 無料科学実験教室 ホタル博士になろう でまたまた楽しんじゃいました!

3da3da1bf88fd3b3efb2a34a7f862dac_s.jpg

ホタルについて学ぶ


4月の栄光ゼミナール無料理科実験教室のテーマは、ホタル博士になろうでした。

通っているお子さんへのお楽しみも兼ねた勧誘イベントとして開催されているせいか、何度でも参加してくださいといっていただくので、お言葉に甘えて継続的に参加しています。正直、1000円とか2000円とかの実費を請求していただけるともっと気楽に参加できるのですが(笑) もちろん、毎度課される実験前のテストとそのフィードバックは、きちんと受けています。

スポンサーリンク



今回は実験としては、比較的短時間、でもとても中身の濃いものでした。前半で昆虫のからだのつくりとか完全変態とかいった、結構、来月にも役立ちそうな(小学3年生理科)内容をまとめ、後半で主題の生物発光の実験をしました。息子のクラスは、たまたま全員男の子で7~8人でしたので、みんな同じように騒がしく、また、落ち着きなく、でも楽しそう。昆虫は、やはり男の子のテリトリーなのか、虫の体のつくりや完全変態、不完全変態についても用語は別として内容については、みな良く知っている様子でした。ワイワイした感じではありましたが、講師の先生もうまいこと、皆の注意をひきつけてまとめています。

ちょうど、数日前にPTAの用事で学校に行った折、教室を覗いてみました。年度の始めということもあり、先生の指導も授業態度をきちっとすることに割かれる割合が多い様子でした。今回の実験教室を覗いてみるに、多少の落ち着きなさも3年生男子としては平均的なところなのかもなぁ、と少しばかり安心しました。実際、息子も含めみんな最初の方は、つい手を挙げずに発言したりして注意されていましたが、すぐに慣れて挙手をしての発言ができるようになっていました。

授業の中で、講師の先生が「ホタル、実際に見たことある人?」と尋ねたのですが、息子は手を挙げませんでした。実は、幼児の頃に、ホタルを見に行くツアーに参加して、実際に自分の手でもつかまえたりした経験があるのですが、ものの見事に忘れてしまっていたようです。ちょっと残念。私の実家から足を延ばしたところなので、再度、見せてあげたいと思います。

生物発光の実験は、2つの試薬を混ぜて行いました。教室で一度やり、また自宅でももう一度、少し内容を発展させて実験できるようにもう1セットの試薬がお土産でもらえました。生物発光という名のとおり試薬もなまものらしく、冷蔵庫保管で数日以内に実験するようにとのことでしたので、2日後にもう一度、発行実験と温度変化による発展課題を行うことができました。是非、この記憶の新しいうちに本物のホタルに会わせてあげなければ。。。

学力テストが創造思考サーキット問題に


ところで、実験前に行われるテストですが、前回まではいわゆる学力問題だったのが、今回は創造思考サーキットという名前のものに変わりました。後で息子に内容を聞いたら、クイズ/パズル系の問題だったようです。結果返却のお約束は後日になっています。前回は学力試験の結果は問題ない(栄光ゼミナールの学力テストはほぼ満点が取れるような設定です)以上のことが分かりませんでしたが、今回のテストからはどのようなフィードバックがされるのか楽しみです。

関連記事はこちらから


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[ 2016/04/20 18:00 ] 外部テストやイベント | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する